グーグルアドセンスのアカウント審査の流れを画像で解説。無料ブログでは通らない!?

ad0

グーグルアドセンスはクリック型の広告としてダントツの人気を誇っており、
ブログを収益化する上で非常に多くの方がこのグーグルアドセンスを利用しています。

利用を開始するには審査に通過する必要がありますので、
今回は、アドセンスを申請する方法を解説していきたいと思います。

※2016年初旬にアドセンスの審査方法は以下のような若干の変更がありました。
・無料ブログでの申請が出来なくなった。(有料ブログでの申請が必要。)

アドセンスの申請方法

まずは、Googleアドセンスの公式サイトに移動します。
Googleアドセンスの公式サイトはこちら

a.「お申し込み」はこちらをクリックします。
ad1

b.Gmailアカウントを持っている場合は「ログイン」を、
持っていない場合は「アカウントを作成」をクリックして、アカウントを作成します。
ad2

c.審査に使う自分のブログのURLを「ウェブサイト」という部分に入力します。
コンテンツ言語は「日本語」に設定して、「次へ」をクリックします。
ad3

d.必要事項を記入して、「お申込み送信」をクリックします。
ad4

e.自動的にアドセンスのアカウントにログインしますので、
次に、「今すぐ開始」をクリックします。
ad5

f.広告の設定から「新しい広告ユニット」をクリックします。
ad6a

g.名前を好きなように設定し、サイズは「336×280のレクタングル大」を選択したら、
「保存してコードを取得」をクリックします。
ad7a

h.表示された広告コードがコピーしておきます。
ad8

次にこのコピーした広告コードを審査用のブログに貼り付けます。

i.コピーしたコードを審査用のブログの全ての記事の一番下に貼り付けます。

ad9a

有料ブログ(ワードプレス)の場合は、
記事投稿のビジュアルをテキストに切り替えて、
記事の一番下に先ほどコピーしたコードを貼り付けていきます。

その際に、広告コードの上に
「スポンサードリンク」と表記しておきましょう。

投稿した自分の記事を見ると、
記事本文の一番下にスポンサーリンクとあり、
その下が空白になっていると思います。

審査には早いと数日、遅いと1週間ほどかかり、
審査に通過すると、数日後に広告が表示されるようになります。

以上がアドセンスの審査の流れとなります。

審査に通過するためのコツ

近年、以前と比べて、アドセンスの審査が厳しくなっているようです。

アドセンスの審査に落ちる理由として多いのが
①コンテンツが不足している
②画像や動画などがチェックで引っかかる
ということです。

少し大変ですが、コンテンツが不足していると判断されないためには
1記事500~1000文字ほどの記事を、20記事ほど投稿しておきましょう。

また、審査に通過するまでは、
画像や動画を使用しないことをおススメします。

審査通過後は使用して頂いて問題ありません。

受講者10,000人超!
東大メルマガ 期間限定で公開中(無料)

レベル別ネットビジネス講座
ネットスキルの関連記事
  • パーマリンクをカスタム構造にする
  • 独自ドメインの取得(ムームードメイン)
  • インデックス速度の改善「Google XML Sitemaps」
  • WordPressのアクセス解析「Jetpack」
  • スパム軽減プラグイン「Akismet」
  • お問合せフォームの設置「Contact Form 7」
  • 固定ページの使い方
  • WordPressのインストール
  • ログイン、ダッシュボードの説明
  • ブログ記事の投稿の仕方
  • 初期設定1 設定
  • 初期設定2 ユーザー
  • 月収100万円
    なるひこさんがコンサル指導1ヵ月目で自動化月収100万円を達成しました!
  • 就職
    裁量労働制とは?メリット・デメリットをわかりやすく簡単に解説
  • 就職
    年収1000万円以上の割合が高い企業ランキングとは?職業別平均年収ランキング2018
  • ビジネスの考え方
    社会人が勉強時間を確保する方法
  • 月収100万円
    JINさんが3ヵ月連続で自動化月収100万円を達成しました
  • ビジネスの考え方
    格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説
  • ビジネスの考え方
    月収100万の手取りはどれくらい!?税金(所得税)の金額をわかりやすく算出
  • 月収100万円
    ぐっきんさんが月収370万円を達成しました
  • 就職
    働き方改革で副業解禁は具体的にいつから?2018年改正のモデル就業規則と兼業容認の大企業事例集