アドセンス広告を記事内に挿入できるWordPressプラグインAdSense Managerの使い方。

plug

アドセンスを記事内に挿入するときに毎回広告コードを
貼りつけるのは意外と面倒くさいものです。

今回は、この面倒な手間を省いてくれるプラグイン
AdSense Managerの使い方を説明します。

また、ボタン一つで簡単に挿入できるテクニックも
併せて知っておきましょう。

AdSense Managerの使い方

a.まずは、プラグインの新規追加から、
AdSense Managerを検索してインストールします。

b.プラグインを有効化すると、投稿の部分に、
Ad Unitsという項目が出てきますのでこちらを選択します。
adem1

c.広告コードを入力し、Importをクリックします。
※広告を中央に寄せたい場合は、<center> 広告コード</center>としてください。
adem2

d.次にDisplay OptionsにあるUse Defaultを全てYesにし、
Save Chagesをクリックします。
※AdSense Managerを使ってアドセンスが表示されない時は、
ここがYesに直していないことが原因である場合がほとんどです。
adem3

e.あとは、記事内で広告を入れたい位置に、
テキスト表示で[ad#〇〇]と入れればOKです。
例えば、名前が ad-1 の場合[ad#ad-1] となります。

ボタン一つで広告を挿入する

これによって、今まで広告コードを入れていたところを、
[ad#ad-1] というタグを書くことで多少の手間は省けますが、
[ad#ad-1] と毎回打つのも非常に面倒です。

どうせならボタン一つで広告コードを挿入できるようにしましょう。

プラグインAddQuicktagを利用する

AddQuicktagは設定したタグをボタン一つで挿入できるプラグインです。

AddQuicktagをインストールし、設定からAddQuicktagを選択します。
ラベル名を広告タグ、開始タグを先ほどの[ad#ad-1]、
右側のチェックをすべてつけて、変更を保存します。
addq1

すると、記事編集でこのように広告タグというのが追加されていますので、
広告を挿入する際にはこちらを押せば[ad#ad-1]が挿入できます。
addq2

受講者10,000人超!
東大メルマガ 期間限定で公開中(無料)

レベル別ネットビジネス講座
ネットスキルの関連記事
  • パーマリンクをカスタム構造にする
  • 独自ドメインの取得(ムームードメイン)
  • インデックス速度の改善「Google XML Sitemaps」
  • WordPressのアクセス解析「Jetpack」
  • スパム軽減プラグイン「Akismet」
  • お問合せフォームの設置「Contact Form 7」
  • 固定ページの使い方
  • WordPressのインストール
  • ログイン、ダッシュボードの説明
  • ブログ記事の投稿の仕方
  • 初期設定1 設定
  • 初期設定2 ユーザー
  • 月収100万円
    なるひこさんがコンサル指導1ヵ月目で自動化月収100万円を達成しました!
  • ビジネスの考え方
    社会人が勉強時間を確保する方法
  • 月収100万円
    JINさんが3ヵ月連続で自動化月収100万円を達成しました
  • ビジネスの考え方
    格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説
  • 就職
    裁量労働制とは?メリット・デメリットをわかりやすく簡単に解説
  • 就職
    年収1000万円以上の割合が高い企業ランキングとは?職業別平均年収ランキング2018
  • ビジネスの考え方
    月収100万の手取りはどれくらい!?税金(所得税)の金額をわかりやすく算出
  • 月収100万円
    ぐっきんさんが月収370万円を達成しました
  • 就職
    働き方改革で副業解禁は具体的にいつから?2018年改正のモデル就業規則と兼業容認の大企業事例集