個の力か、チームの力か。

サッカーの本田選手が「個の力をどう高めるか」とよく発言していますよね。

個の力、チームの力どちらが大切なのか、これは会社の中においても重要な話となってきます。

今回は、個の力、チームの力、どちらを大切にすると良いのか少し考えていきましょう。

個の力でチームの戦術の幅が広がる

僕自身はやはり個の力がある程度重要だと考えています。

ただ、もちろんチームの力を軽視しているわけではありません。

個の力が、最終的にはチームに還元されるということです。

個が重要な理由は、それによって、チームの取れる戦術の幅が広がるからです。

例えば、サッカーの場合、
コーナーキックの際、あえてペナルティーエリアの外にいる選手めがけて蹴り、そこで待っている選手が豪快なボレーシュートを決めるというようなトリックプレーがあります。

このトリックプレーで必要なことが1つあります。

それは難易度の高いボレーキックを蹴れる人がいるということです。

もし、チームにそういった選手が一人もいなければこのトリックプレーをすることは不可能となります。

ただ、もし一人の選手がそのボレーキックをできるようになれば、このトリックプレーを絡めた戦術をとることが可能となるのです。

つまり、一人の個の力によってだけでも出来る戦術の幅が大きく広がるのです。

もし、それが二人以上になったら、さらに幅が広がります。

チームにメッシがいるだけならまだ何とかなりそうですが、そこにクリロナが来たら、もうどちらも止められないですね。

会社というのはプロジェクトの中で、どう戦術を立てていくかが収益の分かれ道となってきます。

そうした中で取れる戦術が広いほど、よりいい戦術をとることが可能となり結果的に会社の成長につながります。

なので、重要なプロジェクト程、エース社員を片っ端から集めてくるのです。

こういったエース社員をうまくまとめるのは難しいですが、もし彼らを束ねられるようなマネージャーがいるならば、エース社員の存在によって可能となった戦術を駆使することで、大きな成果を生み出す可能性が非常に高いでしょう。

結局のところ、組織で動く場合、最終的に大切なのはチームでの成果なのでチームの力が重要なのは確かです。

ただ、個の力を高めることによって、チームが取れる戦術が広がることで最終的にはチームの成果に還元されるのだということです。

本田選手が言っているのは、チームの戦術を増やすために個の力をもっと磨けということなのだと言えます。

ネットビジネスであれば、自分でブログや動画を作ったり、いかに集客をするか考えたり、いかに仕組みを作れるかというのを一人でやっていきますので確実に個でビジネスをする力がついていきます。

最終的にこの個の力は、自分一人だけではなく、会社の中にも還元されるようになります。
すると、結局は自分の評価へと返ってきます。

こうやって、個の力を鍛えることで、自分→組織→自分という風に好循環していきます。

そういった意味でもネットビジネスを勉強していく価値は非常に大きいものとなります。
関連記事:ネットビジネスは最高のビジネスモデル

現在、僕が配信している東大メルマガではネットビジネスを動画で分かりやすく教えています。

メルマガを通じて、先ほど言っていた、
・自分でサイトやブログや動画を作ったり、
・いかに集客をするか考えたり、
・いかに仕組みを作れるかというのを
一人でやれるようになりますので確実に個の力がついていきます。

興味のある方は、詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座