失敗することはむしろ健全

ネットビジネスをやっていると多くの失敗や予想もしないトラブルにぶつかります。

僕自身、想像していた以上に多くの失敗やトラブルに見舞われました。

記事がなかなかインデックスされない。。。
記事にアクセスが思ったより来ない。。。
ブログのデザインが崩れてしまう。。。
あげていったらきりがありません。

思いもよらないトラブルにぶつかってなかなか前に進まない時は気持ちが落ちそうになるのが人間の心理です。
関連記事:仕事のモチベーションを上げる方法

しかし、こういったことはむしろ喜ぶべき事なのです。

失敗やトラブルが起こる、それは新しいことに挑戦している証拠なのですから。

失敗が起きるのは挑戦している証拠

新しいことって1回でうまくいくことなんてなかなかないですよね。

1回で自転車に乗れる人はほとんどいないです。
1回でイチロー並にヒットを打つことなんてできないです。

ただ、年齢が上がってくると、普通に会社の中で仕事をしたり、普段の生活をしているだけの人ではそうそう新しいことには出会いません。

普段やっていることをやっているだけなら、失敗やトラブルなんてほとんど起こらないです。

このように新しいことが起きないから失敗が少ないだけなのに、人はなぜか大人になったから失敗することが少なくなったと錯覚してしまいます。

だから、小さな失敗でも大きく落胆してしまいます。

初めて挑戦することで、全部最初からうまくいくわけがないのです。

ですので、うまくいかないことが生じるのはむしろ健全です。それは新しいことに挑戦している証拠なのだから。

最近うまくいかないことが続いて、自分はダメなんだと思うのは、錯覚な部分が大きいです。

新しいことに挑戦しているから必然として失敗やトラブルが生まれます。

ネットビジネスという新しいことに挑戦しなければ
トレンド記事がインデックスされない。。。
記事にアクセスが思ったより来ない。。。
ブログのデザインが崩れてしまう。。。
というような失敗など起こりえません。

むしろ、失敗をすることがない以前の自分の方がダメで今の失敗が起きる状況の自分の方がいいと思うべきなのです。

成功者はより多くの失敗を経験しますが、それは常に新しいことに挑戦し続けているからです。

ネットビジネスをやり始めるとうまくいかないことが出てきます。

ただ、うまくいかなくなったらむしろ、頑張っている証拠であると認識するようにしましょう。

失敗はいいが、反省が大切

ただ、だからと言って失敗を放置し続けるたり、何も反省しないのは違います。

失敗をしたら同じような失敗はしない。

失敗には系統があり、しっかり分析することでほかの失敗を未然に防げるようになります。

成功をする人は失敗にめげずに反省をし、次につなげるように努力をします。

話は少し変わりますが、僕は安倍さんが2回目の首相になるときには必ず何かやってくれると期待していました。

それは彼が一回総理大臣を経験して、閣僚の不祥事やメディアの偏向報道により、大きなバッシングを受けて首相がどれほど自分が思ったよりうまくいかないと身に染みて分かっている人物だからです。

正直、人間1度目ではどんなに準備しても自分の力の30%も発揮できないです。

前回の民主党が政権を取った時も最初から自民党のようにうまく回せると国民は思っていたのでしょうか。

日本の社会は一回でも失敗した人には厳しく当たります。

それは、今までは学校で失敗することはダメだと刷り込まれてきたので当然と言えば当然の結果なのですが。

ただ、その失敗はダメだという気持ちが、無意識に自分に対しても適応され、失敗することが悪いことであるように感じ、小さな失敗でも大きく落ち込みます。

しかし、新しいことに挑戦し続けていくと日々失敗やトラブルが生じますので、失敗する自分を受け入れるようになり、失敗を分析し次の成功へとつなげるようにと意識が変わってきます。

以前、東進の国語の先生として有名な林修さんが人間が生きていくのに必要なのは結局「創造力」と「解決力」の2つが大事だと語っていました。

新しいことに挑戦し、失敗やトラブルに多く直面した時にどのように考えて、解決していくかが生きる上で必要だということです。

失敗は常に挑戦していることの表れですので、一時的に気持ちが落ち込んだとしても、すぐに起き上がって前に進んでいきましょう!

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座