WordPressのサイドバーをカスタマイズ。人気記事ランキングを編集 (有料ブログ編 第7回)

lesson

こんにちは、山下です。

ではまず、前回の復習からです。

トレンドアフィリ有料ブログ編 第6回の復習

「ユーザーが心地いい環境を作る」に関係して、
メニューの設定と広告の配置について説明しました。

決まりは特にないが、おススメのメニュー配置は
3カラムで一番右上に人気記事ランキング、左上に独自コンテンツ、
また、トップページの一番上は最新情報がいい。

広告は記事中とにあるとクリック率が高く、収益性が上がるので
moreタグの部分に広告を挿入できるプラグイン
Master Post Advert を入れておくといい。

サイドバーに人気記事ランキングを作成

今回は人気記事ランキングの設置についてです。
これも以前やった関連記事表示と同様に
ブログに来たユーザーを入り浸らせるためのものです。

人気記事ランキングを作ることでユーザーの滞在時間を伸ばしていきます。

人は人気なものについつい魅かれてしまいます。

行列のできるラーメン屋はついつい並びたくなってしまうし、
ランキングがあると上位のものを知りたくなってしまいます。

心理学ではこれを「社会的証明の原理」と呼んでいます。

ユーザーが最初の記事を読むときに
ランキングが目に入れば、タイトルが面白そうなら
高い確率でその記事を読んでもらえるはずです。

もちろん前提条件として
最初の記事が面白い必要はありますが。

入り浸るきっかけができてしまえば
その次の記事を読んでもらえるハードルは一気に下がります。

ですので、人気記事ランキングは目につきやすい
サイドバーの上の部分に配置することをおススメします。

今回入れるプラグインは
WordPress Popular Postsです。

サイドバーに人気の記事を表示していきます。

プラグインをインストールしたら、
外観⇒ウィジェットでサイドバーウィジェットにWordPress Popular Postsを入れます。

Titleは『人気の記事』などとしていきます。

では、今日の復習です。

今日の復習

「ユーザーが心地いい環境を作る」に関係して、
人気ランキングの作成について説明しました。

人は人気なものやランキングについついに惹かれるので、
滞在時間やPV数を伸びて、Googleから高い評価が得られる。

今回入れるプラグインは
WordPress Popular Postsです。

以上が第7回の講義となります。

次回は、サイドバーでの独自コンテンツの設置に
ついてやっていきたいと思います。

Net Business Level Lessonの目次に戻る

有料ブログ編 第6回へ | 有料ブログ編 第8回へ

受講者10,000人超!
東大メルマガ 期間限定で公開中(無料)

レベル別ネットビジネス講座
  • 労働者と経営者の違い (初中級編 第4回)
  • ソネットブログの新規開設 (初中級編 第3回)
  • トレンドアフィリとは!? (初中級編 第1回)
  • 無料ブログと有料ブログの違い (初中級編 第2回)
  • トレンドアフィリエイトで稼げない人と稼げる人 (有料ブログ編 第2回)
  • トレンドアフィリエイトで稼ぐやり方の総復習 (有料ブログ編 第10回)
  • トレンドブログでのキーワード選定 (有料ブログ編 特別講義)
  • トレンドアフィリエイトの始め方。無料ブログから実践すべき!?
  • トレンドブログの記事を30分で書く方法
  • トレンドアフィリエイトでは記事数が60記事まではアクセスが来ない
  • トレンドアフィリエイトでアドセンスで月収10万円を稼ぐためには。
  • 新下克上でトレンドアフィリエイトは稼げるのか!?
  • 月収100万円
    JINさんが3ヵ月連続で自動化月収100万円を達成しました
  • ビジネスの考え方
    社会人が勉強時間を確保する方法
  • 就職
    働き方改革で副業解禁は具体的にいつから?2018年改正のモデル就業規則と兼業容認の大企業事例集
  • 就職
    裁量労働制とは?メリット・デメリットをわかりやすく簡単に解説
  • 就職
    年収1000万円以上の割合が高い企業ランキングとは?職業別平均年収ランキング2018
  • 月収100万円
    なるひこさんがコンサル指導1ヵ月目で自動化月収100万円を達成しました!
  • 月収100万円
    ぐっきんさんが月収370万円を達成しました
  • ビジネスの考え方
    月収100万の手取りはどれくらい!?税金(所得税)の金額をわかりやすく算出
  • ビジネスの考え方
    格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説