赤字経営の会社から脱却し、黒字化転換に立て直しを図るには?

こんばんは、山下です。

久々の通常メルマガです!

今年のゴールデンウィークは
いかがお過ごしでしたか?

僕自身はゴールデンウィークは特に関係ないですが、
いつものようにビジネス2:遊び8の割合で、
先ほどまで一週間ほどタイの方に出かけていました。

それにしても、
東京は今朝めちゃくちゃ寒かったですね。

毎日、40℃近くの熱帯の国から
ポロシャツ、短パン、サンダルの格好で帰ってきたら、
今朝はいきなり15℃の冷たい雨ということで、
体の寒さと周りの視線と色々辛かったです笑

さて、今日はいつもとは違って、
すでに自営業や会社経営をされている方に
向けたメッセージにしようかなと。

僕自身、最近は40代後半~60代くらいの
かなり上の世代の自営業者や会社経営者の方々と
お話しさせて頂く機会が多いのですが、

最近になって何となく、
気づいてきたことが一つあります。

その気づきとは、

僕がお会いしてきた経営者のうち
かなりの割合の方が自身の力を生かせずに
うまく黒字にできず悩んでいるということです。

僕がお会いする上の世代の経営者の方々は
総じて、人間的な魅力に溢れ、

毎日、仕事のアポイントが埋まって、
めちゃくちゃ忙しく働いている
バイタリティー溢れる方が多いです。

もちろん、見た目通りに、
大きく黒字を出している社長さんもいます。

ただ、その一方で、
同じように稼げそうな雰囲気を持っているのに

現実としては、キャッシュが手元に残っておらず
カツカツの状態に悩まされている社長さんが、
思いのほか多いというのに最近気づき始めました。

僕のメルマガを読まれている方でも、
本業としてリアルビジネスを経営されている方は多いので、
もしかしたら、同じような悩みを抱えている方がいるかもしれませんね。

黒字を出し続ける社長さんと
赤字を出し続ける社長さんの違いは
一体どこにあるのだろうか?

では、ご自身が経営されている場合はご自身を、
そうでない場合は、自分の身近な5,60代の社長さんを
イメージしてみてください。

赤字社長と黒字社長の違いは
どこにあるのでしょうか?

そして、赤字に悩む社長は
どのようにしたら黒字に転換できるのか?

1分ほど考えてみてください。

 

 

 

 

 

考えましたか?

僕が最近多くの経営者と
お会いして感じていることとしては、

黒字を出し続ける社長さんも
赤字を出し続ける社長さんも共通して、
人を引き付ける魅力や統率力があります。

ただ、両社の大きな決定的な違いとは、

黒字社長は、
戦略を自身で考えられる才もある、または
戦略を任せている右腕(参謀)がいる

一方で、赤字社長は
戦略を自身で考えられる才がなく、かつ、
戦略を他人に任せることをしない

ということです。

これは僕の経験上
本当に例外がなく、

黒字を出し続ける社長さんは
話してみると頭の回転が速い、ないしは、
苦手だと分かっていれば右腕(参謀)を作り
意見を仰ぐ聡さを持っています。

一方で、赤字を出し続ける社長さんは
戦略が苦手だということにも気づかずに、
ただ、自分が思ったままに突き進みます。

強い経営にするには、
トップ(社長)のリーダーシップと
右腕(参謀)の戦略がともに重要になります。

これは三国志や戦国時代をイメージしてみるといいですが、
強国と言われる国には、優れた武将と優れた軍師が揃っている場合が多いです。

もちろん、武将が軍師も兼ねられると最高ですが、
一般的には、武将と軍師の才を共に持ち合わせる人は非常に稀です。

これを経営に当てはめてみると、
特にリアルビジネスを行ってきた社長さんは
武将としての才(統率力)は生まれながらにして高いです。

その一方で、
軍師としての才も共に持ち合わせている人は非常に稀です。
(赤字社長さんの場合は、自身がこの才に関しては持ち併せていなかったと認識する方が聡いです。)

ですので、現在赤字に悩む社長さんが黒字に転換するには、

「社長は何よりも戦略を考える右腕(参謀)をただちに一人見つける」

この気づきが非常に大きなパラダイムシフトとなり、
ずっと赤字の社長さんでも一瞬で黒字化していきます。

僕自身最近は、社長さんの縁が縁を呼んで、
少しアドバイスをして劇的に黒字化させる機会が増えていますが、
根本はどの方もだいたい同じで、優れた武将に欠けていた
的確なマネタイズ戦略を各々から任せてもらっているだけです。

「右腕(参謀)をただちに一人見つけ、戦略を任せる」

この視点が欠けていた社長さんは、
この一点に絞ってまずは動いてみるといいですね。

それでは!

☆受講者6000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ