年収1000万円以上の割合が高い企業ランキングとは?職業別平均年収ランキング2018

就職や転職をする際に大事になってくる要素の一つがその会社や業界の平均年収が高いかどうか。

出来れば、平均年収が高い職種に就職や転職をしたいところ。

そこで今回は、職業別の平均年収ランキングやその中でも年収1000万円以上の割合が高い企業を調べてみました。

平均年収ランキング2018

業界別ランキング

第1位 741万円 投信/投資顧問
第2位 633万円 財務/会計アドバイザリー(FAS)
第3位 620万円 たばこ
第4位 601万円 医薬品メーカー
第5位 572万円 総合電機メーカー
第6位 557万円 医療機器メーカー
第7位 551万円 診断薬/臨床検査機器/臨床検査試薬メーカー
第8位 538万円 家電/モバイル/ネットワーク機器/プリンタメーカー
第9位 532万円 信託銀行
第10位 530万円 トイレタリー

業種別ランキング

第1位 855万円 投資銀行業務
第2位 837万円 運用(ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト)
第3位 722万円 戦略・経営コンサルタント
第4位 670万円 プロジェクトマネジャー
第5位 663万円 内部監査
第6位 657万円 会計専門職・会計士
第7位 651万円 営業ー医薬品メーカー
第8位 641万円 知的財産/特許
第9位 617万円 経営企画/事業企画
第10位 617万円 プリセールス
(参照:DoDA 平均年収ランキング

業界としては、金融系、医療系などが平均年収が高く、
また、職種としてはトレーダーや経営戦略担当、法務に関わる仕事が高いです。

つまり、平均年収は、収益性が高い業界であること、
また、専門性の高いスキルが必要なとなる職種であることで
一般的に高くなる傾向があるようです。

年収1000万円以上の割合が高い企業ランキング

では、平均年収が高い企業を具体的に見ていきましょう。

企業別平均年収ランキング全国トップ100

第1位 2139万円 GCA
第2位 1905万円 M&Aキャピタルパートナーズ
第3位 1861万円 キーエンス
第4位 1661万円 TBSホールディングス
第5位 1616万円 ストライク
第6位 1515万円 朝日放送
第7位 1485万円 フジメディアホールディングス
第8位 1451万円 野村ホールディングス
第9位 1427万円 日本テレビホールディングス
第10位 1418万円 ヒューリック
第11位 1418万円 日本M&Aセンター
第12位 1386万円 三菱商事
第13位 1383万円 伊藤忠商事
第14位 1375万円 テレビ東京ホールディングス
第15位 1354万円 バンダイナムコホールディングス
第16位 1347万円 東京海上ホールディングス
第17位 1343万円 RKB毎日ホールディングス
第18位 1318万円 ファナック
第19位 1266万円 三井住友トラストホールディングス
第20位 1255万円 住友商事
第21位 1251万円 三井住友フィナンシャルグループ
第22位 1247万円 電通
第23位 1236万円 スカパーJSATホールディングス
第24位 1227万円 中部日本放送
第25位 1221万円 丸紅
第26位 1213万円 三井物産
第27位 1204万円 コンコルディアフィナンシャルグループ
第28位 1190万円 三菱地所
第29位 1181万円 シンバイオ成約
第30位 1178万円 東急不動産ホールディングス
第31位 1164万円 ソフトバンクグループ
第32位 1151万円 野村総合研究所
第33位 1145万円 三菱ケミカルホールディングス
第34位 1141万円 三井不動産
第35位 1138万円 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
第36位 1133万円 第一三共
第37位 1131万円 SOMPOホールディングス
第38位 1110万円 ジャフコ
第39位 1105万円 JXTGホールディングス
第40位 1104万円 マーキュリアインベストメント
第41位 1099万円 ケネディクス
第42位 1090万円 双日
第43位 1083万円 WOWOW
第44位 1078万円 LIXILグループ
第45位 1078万円 大塚ホールディングス
第46位 1073万円 アステラス製薬
第47位 1072万円 大和証券グループ本社
第48位 1066万円 ドリームインキュベータ
第49位 1065万円 三菱UFJフィナンシャル・グループ
第50位 1058万円 シグマクシス
第51位 1056万円 博報堂DYホールディングス
第52位 1048万円 レーザーテック
第53位 1046万円 富士フィルムホールディングス
第54位 1038万円 エーザイ
第55位 1035万円 日本郵船
第56位 1031万円 三菱総合研究所
第57位 1027万円 日本オラクル
第58位 1019万円 九州フィナンシャルグループ
第59位 1015万円 武田薬品工業
第60位 1014万円 サントリー食品インターナショナル
第61位 1012万円 日本取引所グループ
第62位 1011万円 アクセル
第63位 1000万円 日揮
第64位 997万円 豊田通商
第65位 996万円 IJTテクノロジーホールディングス
第66位 996万円 アサヒグループホールディングス
第67位 993万円 ペプチドリーム
第68位 990万円 みずほフィナンシャルグループ
第69位 988万円 日本軽金属ホールディングス
第70位 985万円 第一生命ホールディングス
第71位 984万円 T&Dホールディングス
第72位 980万円 日本商業開発
第73位 976万円 共栄タンカー
第74位 976万円 横河電機
第75位 973万円 明治ホールディングス
第76位 972万円 ISID
第77位 969万円 商船三井
第78位 968万円 大気社
第79位 966万円 清水建設
第80位 963万円 キリンホールディングス
第81位 961万円 いちご
第82位 961万円 Oakキャピタル
第83位 959万円 日本証券金融
第84位 956万円 三和ホールディングス
第85位 955万円 東京建物
第86位 954万円 中外製薬
第87位 953万円 KDDI
第88位 952万円 味の素
第89位 951万円 飯野海運
第90位 951万円 野村不動産ホールディングス
第91位 950万円 福田組
第92位 950万円 大林組
第93位 950万円 大成建設
第94位 949万円 東京エレクトロン
第95位 947万円 鹿島
第96位 946万円 ラクトジャパン
第97位 945万円 キョーリン製薬ホールディングス
第98位 942万円 レノバ
第99位 940万円 プラネット
第100位 938万円 JFEホールディングス
(参照:東洋経済 平均年収「全国トップ500社」最新ランキング

平均年収の高い企業の上位には、
M&Aコンサルティング、マスコミ、総合商社、
証券会社、保険会社の企業が多く見受けられます。

平均年収が1000万円を超えるような企業のかなりの割合は、
誰もが一度は耳にしたことのある超有名な人気企業かと思います。

平均年収はあくまでも会社選びの一つの指標

もちろん、就職や転職を考える際に、
その企業の平均年収の高さは一つの大事な指標になることでしょう。

ただ、年収が高いということは、それに見合う責任や仕事量はつきもので、
毎日終電まで働くような激務である企業が多いのも事実です。

また、上記にあげたような大企業であればあるほど、
社員の平均年齢は40代をゆうに超える企業が多く、
年収が1000万円を超えるとしても、勤続20年以上、
40代の後半になってからといったところも少なくないでしょう。

また、額面としては年収1000万円でも
所得税、住民税、社会保険料などを引いた手取りの金額が
現在の水準でも700万円ほどになるということも注意が必要です
参照:年収1000万円サラリーマンの手取り額の実態!生活レベルや貯金は意外と大変?

そして、高齢化が進むにつれて、社会保障費が年々上昇するため
この手取りはますます少なくなっていきます。

超有名企業に頑張って入り、そこで20年以上も毎日激務をこなし、
やっと手に入れた年収1000万円以上の生活でも
実際には想像したよりも手取りは少なく苦しい。。。

こうした状況下で、いつまでも会社にのみ依存していると、
のちのち経済的にも精神的にも不幸が待ち受けている可能性が大きいです。

なので、今後しっかりと経済的、精神的な安定を求めるのであれば、
会社以外にも収入源を得ていく必要性が高まってくるのかと思っています。

今現在、僕はそういった社会の先を見越して
行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者6000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ