サラリーマンの平均年収1000万円以上の割合が多い業界・業種とは?

サラリーマンの平均年収が400万円を切るといわれる現代。

ただ、その一方で年収1000万円以上の高給取りのサラリーマンも一方では存在しています。

今回は、年収1000万円以上のサラリーマンが多い職種についてみていきましょう。

年収1000万円超の割合は?

国税庁の調査によると、2015年度における
年収1000万円以上の給与所得者(サラリーマン)は
4793万人中209万人で約4.3%。

また、男性に限ってでいうと、
2831万人中191万人で約6.7%

女性の場合は、
1962万人中17万で約0.9%

といったデータとなっています。

サラリーマンの憧れ、年収1000万円超は
男性に限ってでいうと6.7%で比較的いるように思えますが、
その多くが40代後半~50代と勤続25年以上の大ベテランとなっており、
若年層での年収1000万円超は極めて少数になります。

また、女性に関してでいうと、
1%にも満たないということで、
男女の格差はまだまだ大きいと言えるでしょう。

年収1000万円が多い職種とは?

では、数少ない年収1000万円超のサラリーマンでも
その割合が多い業種とはどういったものになるでしょう。

こちら上場企業を中心とした、業界別の平均年収となります。

1位が総合商社業界で平均年収1286万円。
2位がテレビ・放送業界で平均年収994万円
3位が携帯電話業界で平均年収913万円
4位がビール業界で平均年収913万円
5位が損害保険で平均年収903万円

となっています。

特に総合商社業界では、
平均収入自体が1286万円ということですので、
40代を超える頃にはかなりの大多数の社員が
年収1000万円以上になっていると言われています。

年収1000万円以上を達成するには?

サラリーマンで年収1000万円を達成するには、
年収1000万円を達成しやすい業界・業種を選びつつ、
勤続20年以上を働くことが一番の近道となるでしょう。

ただ、サラリーマンの年収はここ15年間で右肩下がりで、
現在、平均年収が300万円台以下の人の割合は非常に多いです。

また、年収1000万円以上のサラリーマンに関してもこの15年の間に
250万人から200万人と大幅に減少しています。

そして、仮に年収1000万円と言えども、
実は手取りに関してはかなり減額された形で受け取り、
イメージ程、贅沢はできないという現実もあります。

さらに、
つい2018年1月に政府は長らく否定していた副業を
むしろ、大手を振って推進する180度の世紀の方向転換をしており、
今後は企業に頼らないサラリーマンが増えてくると予測されます。
参照:働き方改革で政府が副業禁止から副業推進へ

こうした状況下の中で、
会社に依存し続けている従来型の働き方を続けていると
後々、手遅れになって焦る思いをすることは目に見えています。

今後しっかりと経済的な安定を求めるのであれば、
会社以外の収入源をいち早く得ていく必要性が高まってくるでしょう。

今現在、僕はそういった社会の先を見越して
行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者6000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ