なぜ政府が副業解禁したニュースはテレビで流れないのか?

こんばんは、山下です。

今年も4月ということで、
新年度が始まりましたね。

特に4月というのは、年度の始めということで、
気持ちのスイッチが入りやすい季節ですので、
何か新しい挑戦を始めるのに良い月の一つです。

僕がネットビジネスを挑戦し始めたのも
この季節だったと思います。

サラリーマンで副業禁止が気になっている人は
今年1月に政府は副業を事実上解禁していますので、
このニュース知らない人はまとめておいたので見ておいてください。
参照:働き方改革で政府が副業禁止から副業推進へ

昨日はこんなニュースも
参照:「副業」相次ぎ解禁 ユニ・チャームなど 人材獲得、流出防止へ

内容を簡単にまとめると

~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年1月、
政府が副業推進のルール変更を完了。
(副業禁止の条項削除と、副業に関する条項追加はかなり大ニュース。)

ただ、副業解禁は大企業側的には美味しくないので、
テレビ等の大手メディアは大企業側の意向を汲むと予想され
大衆に向けたニュース報道がされる期待は薄い。

しかし、政府が改定したルールを
当然、企業側は無視できるものではないので、

ネットニュースやSNSでの拡散など、
大衆メディアに頼らない形で国民全体で多くシェアされ、
一般常識になるにつれて、柔軟な企業から副業解禁に切り替わり
最終的には旧態依然とした企業でも民意に押され切り替わると予測される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
という感じです。

副業禁止という何十年も続いていたルールを
国のトップの政府が根本から変えたわけですので、
今後、1,2年で大きく時代が変わることでしょう。

ただ、政府が副業解禁済みというニュースは
そのインパクトに比べて、テレビであまり話題にされないので
本当なのかどうか、どうしても少し疑ってしまいますよね。

良くも悪くもテレビは今でも、
大衆に対して大きな影響力を持っています。

テレビで流れず、みんなが知らない話は疑わしい。
テレビに流れ始め、みんなが話題にしたら安心できる。

先日メルマガで書いた
580億円相当のNEMという仮想通貨を
流出したコインチェック騒動でも

CMが沢山流れて、みんな話題にしているから
安心な企業であると感じていた人は多いかと思います。

そんな人達でもCMが流れるまでは、
怪しい企業であると真逆のイメージを持っていたことでしょう。

それくらい、
テレビの与える影響力は大きいです。

また、先日のメルマガでは、
巷の仮想通貨ブームに関して別の視点として、

「どんな人が新しいビジネスで損をしてしまうか?」

についても書きました。

その結果、
200名近くの方々からご回答を頂き、
回答音声をお送りさせて頂きましたが、
かなり良い反響がありました。

そして、様々な真剣な回答を見ていく中で、
多くの人が関心を持っている話題の一つに感じましたので、

今回、最新ビジネスで失敗しない方法について
多くの人が陥りがちな視点を踏まえた上で、
より洗練に洗練を重ねた答えを作りました。

そこで
今回は、新たな答えとしての、
回答音声をプレゼントさせて頂こうかなと。

ちなみにこの音声は
先月、僕が有料で開催したセミナーの一部です。

有料で参加した方々には申し訳ないですが、
僕と直接会って、色々聞けたと思いますし、
再度聞くことで、さらに大きな学びになりますので、
今回、無料で公開することお許しください笑

では、有料セミナーで伝えた
答えを知りたい方は以下の音声をお聞きください。

■どんな人が新規ビジネスで損をしてしまうのか?

回答音声はこちらから

資料PDFはこちら

 

 

音声でお話ししているように、

新しいビジネスが現れた際には、
アーリーアダプターの段階までに参入すると
爆発的に稼ぐ可能性を秘めています。

ちなみに、CMやテレビが流れ始め、
巷で話題になり始めるのが、マジョリティーの段階であり、
この段階が来たらチャンス自体は終わりの始まりです。

そして、それは裏を返せば、
周りはまだ知らないけれども、
1,2年後に知り始めるだろう情報が

アーリーアダプターの段階であり、
その段階で動き出し、正しい情報を
手に入れた人が今後爆発的に稼いだりします。

仮想通貨で言えば、
仮想通貨自体はマジョリティー段階だが
その中のICOはアーリーアダプター。

大きな視点で言えば、
サラリーマンという概念はレイトマジョリティ
個人事業(副業)はアーリーアダプター

といった感じです。

アーリーアダプター段階の分野で
プロから正しい情報を手に入れる

これが、新しいビジネスで
爆発的に稼ぐ一つの成功哲学です。

このメルマガを読んでいる%name1%さんは、
周囲がまだ否定的な段階で副業を始めている
先見性のあるアーリーアダプターですので、
ぜひ自分を信じて一気に行動してくださいね。

今、否定的な人たちも今後、
副業がマジョリティ―段階になり、
サラリーマンの数を超え始めたときに、
焦りながら参入してきますので。

それでは。

p.s.

今回の話の感想とか、違う角度の考察とかあったら、
ぜひぜひ返信してくださいー

☆受講者6000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ