ルフィの仲間になぜモブキャラは一人もいない!?倒産した会社社員の扱いはモブキャラと同じ流れ?



こんばんは、山下です。

約半年ぶりの通常メルマガですね。
いよいよ表で活動しなくなってきました笑

というのも、
ネットビジネスでは毎月自動化で
すでに十二分な収益が上がっており、

今はどちらかというと
独りでビジネスをやることはめっきり減り、

面白くて実力のある魅力的な人がいれば、
時には二人で、時には複数人でプロジェクトを組んで
ビジネスを興すという遊びをしている感じです。

そして、最近は人と会うと
この人とビジネスしたらこうなって面白そうだな
といった感性が自然と働くようになっているのですが、
その際に魅力的に映る人もいれば、当然魅力的に映らない人もいます。

この人とはビジネスをしてみたいが、
この人はそんな感じではないかな。

この漠然とした感覚って
何かに似てるんだけどなんだっけ?

そんな疑問が漠然と気になっていたのですが、
ある時、これが腑に落ちる瞬間が訪れました。

いつものように毎週月曜の楽しみ
ジャンプのワンピースを読んでいたのですが、
ふとした瞬間にワンピースの世界の中に
ある一つの隠れ設定があることに気づきました。

あれっ、ルフィの船だけ、
なぜかモブキャラ1人もいなくない?と。 ※モブキャラ=雑魚キャラ

ついついその点が気になり、少しググってみたところ
面白い記事があったので、そのままガッツリ引用させてもらいます笑

=======================

〇 ルフィの船にモブキャラはいない。しかし現実の自分はモブキャラから抜け出せない。

海外にまでその名の轟く超大ヒット漫画ONE PIECE。

わたしも大ファンで以前はものすごく入り込んで楽めたのですが、
今年で30歳・独身(結婚とか考えられない)・(名ばかりの)自営業・専門技能(実績)無し、
という現在は、現実の自分と比較してしまって苦しくて集中できない、というか見ていられない時があります。

なぜなら、「海賊王に、オレはなる!!」でお馴染みのルフィは、
モブキャラに「お前、仲間になってくれ!」と絶対に言わないから。

■現実の自分が「モブキャラ」から抜け出せない地獄

ああ、、、ONE PIECEの連載がジャンプで始まった当初は、
”自分も将来はルフィの船のクルーであるナミさながらに、誰にも負けないある種の才能を開花させ、
可愛く明るく、守られながらも頼りにされて素敵な仲間に囲まれてバリバリ仕事してるんだろうな!”
って思ってたのになぁ、とか、ガンガン暗い気持ちになっていくのです。

「フィクション(漫画)と現実の自分を比べて、自分を卑下するなんてバカげている」と思った方。
そのお説教はセルフトーク(頭の中で勝手に進行する会話)の中で1日10回のペースで繰り返している上、
学生時代から親や知人にも言われまくっているので、バカなわたしでも知ってるし頭でもわかっています。

でも、わかっているだけなんですよね。
マイナス思考は理性でストップできないのです。

■”麦わらの一味”に入るには専門技能が不可欠である

ルフィは言わずもがな、チビでバカで大食いだけど、めちゃくちゃ明るくて悪魔のみの能力者で
めちゃくちゃ修行して強くなり、何より「海賊王になる!」という強固な意志(夢?)があります。
最近では「覇王色」なる能力まで、、、欲張りすぎですね。

ゾロは「世界一の大剣豪になる!」という言葉通り、毎日修行&筋トレに明け暮れ、
能力者でもないのに能力者に勝つくらいの強さレベルです。

サンジも強さレベルでは同じくらいですが、彼にはコックで超メシがうまいという特殊技能があり、
しかも「オーシャンブルー(レッドオーシャンだっけ?)を探す!」という夢があります。

ナミは「(故郷の村を守るために)一億ベリー貯める!」と手段を選ばず
一人歯を食いしばりながら泥棒して色々あった末に麦わらの一味に加わり、
超一流の航海士でありながら「世界地図を作る」という偉大な夢を持っています。

長くなるので割愛しますが、チョッパーは医者、
ブルックは音楽家、ロビンは考古学者、フランキーは船大工。

それぞれ、誰ともかぶっていない専門技能に加え、
強さ(能力)、ルフィの「海賊王」に負けず劣らずの夢や野望があります。

学生の頃は全然好きになれなかったのですが、
唯一感情移入できそうなのはウソップ。

彼は麦わらの一味の中でも、大して強くもなく、
夢も「大いなる海の男になる!」というふわっとしたもの。

でも彼には「狙撃手」という専門技能があります。
「ウソつき」もある意味、専門技能と言えますね。

ウォーターセブンで
「自分はみんなのように強くないし、明確な夢もない。
しかも大事な金も取られて、みんなに合わせる顔がない。
役立たずの仲間はいらねぇんだろ!?俺は船を降りる!」
とまで宣言し、このあたりはかなり感情移入できたのですが、

結局、「一流の狙撃手」としての役割をきちんと発揮して
船に戻ってきたので、現実のわたしは打ちのめされました。

結局、全然役立たずじゃねーじゃんと。

もし、ウソップに一流の狙撃の腕がなかったら? 
「海賊王に、俺はなる!」的に声高に宣言できる夢もなく、
弱くて、ただ逃げ腰で鼻が長いだけのウソつき男だったら?
麦わらの一味に入れるでしょうか。

いつもルフィの「ゴムゴムの○○!」で吹っ飛ばされ、
覇王色の覇気で気絶するモブキャラは、麦わらの一味に入れるでしょうか。

入れませんよね。

まず漫画として成り立ちません。そんなキャラが今更加入するなんて
ストーリー上不自然ですし、読者の人気を得られないでしょうし、
なによりモブキャラに居場所(仲間に貢献できる役割)がありません。

ウォーターセブンでのウソップも、自分に居場所(役割)がない
と感じたから「船を降りる!」と言い出したのです。

本当に何もない場合は、ウソップよりも深刻な状況になります。

だって、クルーの全員が何かしらの専門技能があり
「海賊王」に見劣りしないだけの夢があるわけですから。

■自分の居場所=専門性

で、わたしは気づいたのです。
「自分の居場所」とは、イコール、ある一群における「専門性」であると。

そして、わたしがずっと欲しかったのは、
「自分の居場所」なのです。

周囲の人間に頼りにされ、自立していて、
夢という大義名分がある。そんな状態。

「自分はここにいても良いのだ」と自分が思えて、かつ、
他人からも必要とされているという確固たる証拠が欲しかったのです。

「ただ生きていてくれさえすれば良い」という人間関係もあるらしいですが、
わたしはまだお目にかかった事がないのでこの辺のウエットな議論については割愛します。

=======================

うん、すごく的を射ている。

ワンピースでは、ルフィの仲間はどのキャラクターも魅力的ですが、
それは各キャラクターにこいつの右に出る者はいないという専門があり
その専門において自立していて仲間から頼りにされる存在でもあるからです。

そして、僕が漠然と感じていた
この人とビジネスしたいけれども、この人はそうでもないかな 

という感覚は

ワンピースを読んでいる時に感じる、
このキャラは仲間に入ってほしいけど、このキャラは入ってほしくないな

という感覚に非常に近いものだなと。

独りでも生きていけるけれども、一緒の方が面白いよね。
ただ、オレの専門分野に関しては任せとけよ!

こんな人に魅力を感じるのは僕だけではないかと思います。

そして、一方で覇王色の覇気で気絶する
モブキャラに関しては魅力を全く感じていないことも。

モブキャラは大海賊船の中で威勢は良いけれども
結局、一人では大したことはできない。

強大な一撃で船から放り出されて、
うゎーとでも叫んでいるのが関の山といった具合。

物語の中のこういったモブキャラを見たときに
「やられて当然。もっと強くなる努力をしないと。
 こんなキャラにはなりたくないよね」
と多くの人は心の中で思うでしょう。

そして、モブキャラはモブキャラとしての
ぞんざいな扱いを受けることで読者が
スカッとするのが予定調和となっているわけです。

ただ、ふと現実を振り返ってみると
そんな物語のモブキャラ達を両手放しで
嘲り笑うことができるのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー
モブキャラは大海賊船の中で威勢は良いけれども
結局、一人では大したことはできない。

強大な一撃で船から放り出されて、
うゎーとでも叫んでいるのが関の山といった具合。
ーーーーーーーーーーーーーーー
といった言葉は、
ーーーーーーーーーーーーーーーー
モブキャラは大企業の中では威勢は良いけれども、
結局は、一人では大したことが出来ない。

大規模リストラの一撃で会社から放り出されて
うゎーとでも叫んでいるのが関の山といった具合。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
と言い換えることも。

例えば、ここ最近で結構衝撃的なニュースの一つが、
みずほや三菱UFJなどが全社員の3割の人員削減を進めるということ。
参照:みずほFG、1万9000人削減検討=ITで業務効率化

全員が全員、そうとはかぎりませんが、
リストラされる大多数は会社幹部から見たときに
ある意味モブキャラ的な烙印を押された方々になることでしょう。

フィクションの中では
モブキャラに感情移入をする人はそうそういないので、
彼らが受けるぞんざいな扱いには気にも留めませんが、
いざ自分がその立場になったとしたらどう思うのだろうか。

会社からモブキャラ認定されて、
リストラというぞんざいな扱いを受けたとしても
誰からも気にも留められなかったとしたら
憤慨したり、自身の境遇に打ちひしがれることでしょう。

ワンピースでは主人公のルフィの船だけ
モブキャラが仲間になることはないですが、

これは人が無意識に心のどこかでモブキャラは
ぞんざいに扱われるもので、毛嫌いしているからかもしれませんね。
(倫理的に容認される考えではないため、誰も口には出さないですが)

現実社会では、会社の一兵卒のままでいると、
大規模リストラの一撃を受けてしまった場合、
誰も口では直接言いませんが、残念ながら結果的としては
アニメのモブキャラのようにぞんざいに扱われてしまうことでしょう。

超大手の銀行ですら、全社員の1/3を減らすくらいまでの時代になりました。

超大手が急速に解体されていく時代、
生き残るには自立した力がさらに重要になっていく。

そんな少し真面目な社会論を
ワンピースを読みながら、ふと考えていました笑

p.s.

今回の話の感想とか、違う角度の考察とかあったら、
ぜひぜひ返信してくださいー

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



One Response to “ルフィの仲間になぜモブキャラは一人もいない!?倒産した会社社員の扱いはモブキャラと同じ流れ?”

  1. 和田美希 より:

    久しぶりにメルマガ楽しかったです。
    特にタイトルに私の大好きなワンピースの文字が書いてあったので、直ぐに開けて読ませてもらいました。(まぁ子供の事でたまたまスマホを触っていたんですが…(^_^;))
    今日の話は本当にこれからの時代をまだまだ生き抜いて行くためには受け止めていかないといけない現実の話ですね。
    でも私もまだまだモブキャラで、いつ自分が明日にも船から放り出されても世の中の人に気にもとめられず、下手したら自分が居たことさえ気付いて貰えない状況におかれるかと普段からもぼんやり考えていたけど、今日のメルマガを読んで、リアルに想像して本当にゾッとしました。
    まぁ、私は今は旦那が自営業者で専業主婦ですが、それでもやっぱり私自身も旦那の経済力に頼らずまとも一人ででも子供を育てて行けるくらいの経済力を身に付けなければてと改めて思い直しました。自分が人に胸張って言える様なスキル速く身に付けないとダメですね(;´д`)
    本当に今年も終わる直前にでも改めて来年に向けてでも気合いを入れ直す事ができたし、何より、自分自身を冷静に見つめ直して考えさせられたし、きちんと進べき方向をきちんと照して貰えてる事にもう一度気付かせて頂けた今日の話に本当に感謝しかありません。
    私もあんなに可愛くもないし、あたまもよくないけど理想も+でロビンちゃんのようになりたいものですね(笑)
    私の勝手な思い上がりですが、本当に絶妙なタイミングで私に今一番刺さる話の内容のメルマガで、まるで私の為に書いて貰っているんじゃないだろうかと勘違いしてしまう程的確な話をして頂いて有り難うございます。m(_ _)m
    長々ごめんなさい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ