仮想通貨とは何か!?ビットコインなどのメリットをわかりやすく解説!



ここ最近、CMでも話題になってきて来て、
徐々に耳慣れた言葉となってきたのがビットコインなどの仮想通貨。

ただ、何となく言葉としては知っていても、
「そもそも仮想通貨って何?どんなメリットがあるの」
という状態の方も多いかと思います。

そこで今回は、ビットコインを例に
仮想通貨について分かりやすく解説していきます。

仮想通貨とは?

インターネット内で取引される新しい通貨で、
世界共通のお金として使える。ビットコインが一番有名。

ビットコインは2008年に中本哲史(Nakamoto Satoshi)
という方が発明し、ネット上で発表したと言われているが、
実はこの人物が誰なのかは未だにはっきりと分かっていません。

しかしながら、革新的な技術を用いたこの新しい通貨は
次世代の新通貨としての地位を着々と築きつつあり、現在ではドルや円のように
海外や日本の主要銀行の取引でも通貨として認められるほど利用が拡大してきています。

仮想通貨のメリット

では、仮想通貨にはどんなメリットがあるのか。

ビットコインはその高い将来性から投機目的の話題が多いため、
世間では何だか胡散臭いイメージがついてしまいがちですが、
実は通貨としては非常に優れています。

特にビットコインの一番の利点は
金融機関でかかる送金手数料がほぼかからないということです。

特に海外送金をする場合は、ビットコインが圧倒的に得です!
(国内送金も従来の送金よりも格段に安いです。)
sou

海外送金の場合、仮に10万円を送る場合、
銀行であれば、送金手数料が7000円近くもかかっていたものが、
ビットコインの場合、わずか30円程度だけです。

というのも、仮想通貨の場合、銀行などのような中央統治機関がなく、
インターネットのように参加者全体のネットワークで情報を管理、監視することで
通貨としての信用を保っているため、銀行でかかる手数料がそもそも必要ないのです。

ビットコインの登場により、多額の手数料を取る銀行を介さずに
直接送金ができるようになるため、今後、銀行というビジネスモデル自体が
淘汰される可能性もあるとまで言われています。

銀行の在り方を根底から覆すくらいの革新性をもった通貨ですので、
今までビットコインに対して漠然とお持ちの「何だか胡散臭い」
といったイメージは一旦忘れて、ビットコインは
「送金手数料が格段に安くなる次世代の通貨」と覚えておきましょう。

まとめ

ビットコインなどの仮想通貨とは、
インターネット上でのみ取引される新しい通貨。

その一番大きなメリットとは、
金融機関を介さないため、送金手数料が格段に安くなること。

特に、今後企業が取引でビットコインなどが使うようになれば、
金融機関はその大部分の収益を失うことにつながるため、
銀行の在り方すら変える可能性がある革新的な技術なのです。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



 関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ