Blockchain(ブロックチェーン)のアカウント登録方法。ウォレットのセキュリティ対策(アドレス認証,2段階認証設定)までの流れ。



bloc0

ビットコインに関連して覚えておくべき単語は、
「仮想通貨取引所」と「ウォレット」の2つ。

「仮想通貨取引所」とは、
ドルや円などをビットコインに両替できる為替取引所で、
イメージとしては、FX会社のようなものだと思ってください。
大手で有名なのは、Coincheck(コインチェック)です。

また、「ウォレット」とはビットコイン口座のことで、
イメージとしては、三菱UFJの銀行口座のようなものです。
大手で有名なのがBlockchain(ブロックチェーン)となります。

そして今回ここでは、ウォレットとして
おススメのBlockchainの登録方法について説明していきます。

Blockchainの登録方法

最初に行っていく流れとしては、
1.アカウント登録
2.メールアドレス認証
3.電話認証
4.二段階認証
となります。

それでは、順番に見ていきましょう。

1.アカウント登録

まずは、Blockchainに登録していきます。

⇒ Blockchain(ブロックチェーン)の登録はこちら

「ウォレットを作成」をクリックします。
bl0

メールアドレス、パスワードを設定し、「続行」をクリックします。
bl1

これで登録は完了です。

登録が完了したら、すぐにセキュリティ設定をしていきます。

「セキュリティセンター」をクリックすると設定項目が表示されます。
最低限、メール認証、電話認証、二段階認証は行っておきましょう。
bl5

2.メールアドレス認証

登録の際に次のようなメールが届いているので、「Verify Email」をクリックします。
※届いていない場合は、「セキュリティセンター」、
「メールの認証」の「認証メールの再送信」をクリックします。
bl3

また、上記のメール末尾に記載されている「お客様のビットコイン財布識別子」が
ログインの際のウォレットIDとなりますので大切に保存しておきましょう。
bl4

3.電話認証

「携帯電話番号をリンクする」をクリックし、電話番号を入力し保存をクリック。
bl6

スマホにSMSのメッセージが届きますので表示された
認証コードを入力して「認証する」をクリックすれば完了です。

4.二段階認証

この二段階認証はセキュリティ上
非常に重要ですので、必ずすぐに設定しておいてください。

二重セキュリティ設定を甘く考えていると高確率で痛い目にあいます。

「二段階認証を有効にする」をクリックし、「有効にする」をクリックします。
bl7

「Google認証システムまたはYubikeyを使用」をクリックします。
bl8a

お持ちのスマホ(iPhone,Android)で
「Google Authenticator」というアプリを検索してインストールします。

このGoogle Authenticatorとは
銀行のワンタイムパスワードのようなもので、
設定することで二重セキュリティをかけることが出来、
悪意のある第三者からの不正アクセスを防止する便利なアプリです。

特に仮想通貨で使うサービスでは会社側が二重セキュリティとして
このGoogle Authenticatorを推奨しているため頻繁に登場しますが
仮想通貨に限らず、Facebookやevernoteなどのサービスにも
自由に二重セキュリティをかけることが出来ます。

アプリを起動すると、「設定を開始」クリックし、
「バーコードをスキャン」をクリックするとカメラが起動します。
(2回目以降は右図のようになるので、+をクリックします。)

co5 co6

先ほどの、「Google認証システムまたはYubikeyを使用」
を押すと下記の画面になっています。
bl9a

スマホでQRコードを読み取ると六桁のパスコードがアプリに表示されますので、
その数字を入力し「設定する」をクリックすれば完了です。

今後、Blockchainにログインをする際には、
メルアドとパスワードを入れた後に、二段階認証の画面が出るので、
Google Authenticatorで表示される6桁の数字を入力していくことになります。
bl10

これでBlockchainの初期設定は一通り完了となります。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ