個人事業に便利。PayPal(ペイパル)のビジネスアカウントの登録方法と使い方



pay0b

ネットでのクレジット決済において、非常に便利なのがPayPal(ペイパル)。

このPayPal(ペイパル)には、
自分がユーザーとしてお金を支払う側(パーソナルアカウント)と
事業者側としてお金を受け取る側(ビジネスアカウント)の2種類があります。

特にネットで事業を展開している方にとって、
クレジット決済を手軽に導入できるのは非常に魅力的です。

そこで、今回は事業を展開する側(ビジネスアカウント)について、
その登録方法から使い方を解説していきたいと思います。

ビジネスアカウントの新規登録から使い方まで

まずは、こちらからビジネスアカウントを取得します。
⇒ ペイパルのビジネスアカウント新規登録

1.「新規登録はこちら」をクリックします。
payp0

2.メールアドレスを入力し、「続行」をクリックします。
payp1

3.元々、Paypalの支払いアカウント(パーソナルアカウント)を持っている場合は、
「ビジネスアカウントにアップグレードする」を選択し、「続行」をクリックします。
payp2

4.事業情報を記載していきます。
事業者名は自分の氏名で問題ありません。
また、会社設立日、会社URLは特に記載する必要はございません。
payp3

ここまでで、ビジネスアカウントの申請は完了です。
あとは、本人確認書類を提出する必要があります。

5.「事業の設定」をクリックします。
payp5

6.「本人確認書類を提出してください」をクリックします。
payp6

7.「確認書類を提出」をクリックします。
payp7

8.必要事項を入力し、「ファイルをアップロード」をクリックします。
payp8

9.免許証などの本人確認書類を添付し、「ファイルを送信」をクリックします。
paypl9

本人確認には2週間から4週間ほどかかります。

10.書類が郵送で届くので、5ケタの暗証番号を入力したら完了です。payp10

本人確認が完了し、ビジネスアカウントを使用できるようになったら、
クレジットの決済リンクを作成していきましょう。

決済リンクを作成する

1.「アカウント設定」をクリックします。
pay1

2.「登録名」の部分または、「プロフィール設定」をクリックします。
pay2

3.「販売ツール」をクリックし、「PayPalボタン」の右端にある「更新」をクリック
pay3

4.「新しいボタンの作成」をクリックします。
pay4

5.一括の場合ボタンタイプを「今すぐ購入」にします。
商品名、商品ID、価格を設定したら下にある「ボタンを作成」をクリックします。
pay5

※分割の場合はボタンタイプを「購読」
商品名、購読ID、サイクルごとの請求額、請求サイクル、
請求回数を何回で終了しますか(分割回数)を設定します。
pay5b

6.「メールアドレス」をクリックすると、決済リンクが出ますので、
販売する際にはこちらのURLを使えばOKです。
pay6

7.こちらのURL先のページとなります。
こちらからユーザーに決済をしてもらえば、クレジット決済完了です。
pay9

※決済リンクを修正したり、リンクのURLを確認したい場合は、
保存したボタンの画面(4.と同じ画面)から、商品欄をクリックすれば行えます。
pay8

また、出金は「入出金管理」から「出金」をクリック、
出金額などを決定すると、数日ほどで出金されます。
pay10

まとめ

ペイパルのビジネスアカウントは
個人でも手軽にクレジット決済を導入できるため非常に魅力的です。

また、ペイパルのアカウントは無料で取得でき、
維持費が全くかからない所も個人にとっては嬉しいポイント。

初心者にとって決済リンクの作成方法などが
少し分かりづらいのがたまに傷ですが、
これは何度もやっていくうちに慣れていきましょう。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



 関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ