格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説



sim1

最近よく耳にするワードの一つが格安SIMや格安スマホ。

なんだか、スマホが劇的に安くなるらしいということは知っていても、
「よく分からないから、どうしたらいいか分からない」
という方も多いかと思います。

ただ、結論から言いますと、あなたを含め、ほとんど全ての方は
格安スマホに乗り換えた方が断然お得になります。
(パソコンなどのネット通信費も含めて一度見直した方が良いです。)

というのも、
月々ネット代・スマホ代を併せた通信費で1万円以上かかっている方は多いですが、
これらを最適化してしまえば、使い勝手が今と全く変わらないのに、
月々数千円程度で収まってしまいますので。

ネット通信代(スマホやWi-fi)は、ほぼ全ての方の生活に関係しますが、
少し難しい印象があるためどうしても多くの方が無頓着になってしまいます。

そこで今回は、これらのワードをしっかりと理解したうえで、
タイプ別にどのようにしたら今よりもネット代を最適化できるか
についてお話ししていきたいと思います。

スマホを見直すときはネット代も一緒に見直す

実は格安スマホを検討する時は、併せてパソコンなどで使っている
ネット代も一緒に考えてあげるとより最適化できます。

というのも、スマホと家のネット代を別々に考えてしまう所で、
かなりの無駄が発生してしまっていますので。

では、どう見直したらいいかを考えるためにも、
まずはタイプ別のゴールから見ていきましょう。

もちろん、ネットの使い方やお住まいの地域などによって
完璧な最適化は人それぞれとなってしまいますが、
最適化はだいたい次の3つのタイプに分けることが出来ます。

1.パソコンを使わない方 (また、使っても少しだけなのでテザリングで十分な方)

格安スマホ5ギガプラン
月2000円(年間2万4000円)

2.パソコンを使う(ネット回線は自分だけで使用)

ポケットwi-fi+格安スマホ1ギガ
月4000円+1000円=月5000円(年間6万円)

3.パソコンを使う(ネット回線は自宅で家族共有)

固定回線+格安スマホ3ギガ×人数分
月5000円+1700円×人数分
家族1人・・・月6700円(年間8万円)
家族2人・・・月8400円(年間10万円)
家族3人・・・月1万円(年間12万円)

自分やご家庭の状況が上記のどのタイプかをまずは確認して、
年間でどれくらい削減できるか大体の金額を知っておきましょう。

おそらく、家族全員で見直せば、
年間で10万円以上削減できるご家庭も多いかと思います。

では、ゴールを確認したところで、
まずは格安SIMについて知っておきましょう。

そもそもSIMって何!?

まずは、SIMカードとは何かについて。

SIMカードとは、スマホの中に入っている、この小さいカードです。
sim3

スマホで必要なのが、スマホ本体と、このSIMカードの2つで
スマホにこのSIMカードを差し込むでスマホの通信が可能になります。

例えて言うならば、ニンテンドーDSで、
DS本体がスマホ本体、ソフトがSIMカードという感じで、
DS本体(スマホ本体)にソフト(SIMカード)を差し込むと動くというイメージです。

本来であれば、この本体端末とSIMカードは切り離して考えるべきですが、
今までだと、ドコモやauなどで端末を買うと、必然的にそこのSIMが
すでに中に差し込まれた状態で受け取るのが普通なため、
「そもそもSIMって何!?」となりやすいわけです。

きちんと理解するためには、スマホでは、
本体端末とSIMを切り離して認識しておきましょう。

また、実は同じiPhoneであったとしても、
ドコモのiPhone端末であれば、ドコモのSIM、auであればauのSIM、
ソフトバンクであれば、ソフトバンクのSIMしか原則使えないのですが、
このように端末に対し、特定のSIMしか使えないようにすることをSIMロックといいます。
(大手キャリアによるユーザーの囲い込み作戦の一つとでも思っていてください。)

ドコモのiPhoneにauのSIMを挿しても使えませんが、
これはPSPではニンテンドーDSのソフトは使えないという感じのイメージですね。

ちなみに、このようなSIMロックがされていなく、
どこのSIMでも使える端末をSIMフリー端末と言います。

SIMフリー端末を持っていれば、海外に行ったときに
現地でSIMカードを買えば使えますので、そういった点のメリットがあったりします。

iPhoneのSIMフリー端末はアップルストアなどに行けば売っていますが、
上記の話からも分かるようにSIMフリー端末の方が使い勝手がいいので、
その分、1,2万円ほど価格は高くなっています。

乗り換え方は次の2パターン

では、SIMカードやSIMロック、SIMフリーなどの言葉の意味が
分かってきたところで、いよいよ格安SIMの乗り換えを検討していきましょう。

乗り換えの仕方は次の2パターンのどちらかとなります。

1.端末は今までのものを使い、SIMカードだけ変える
2.端末もSIMカードも両方新しく変える

1.端末は今までのものを使い、SIMカードだけ変える

実は格安SIMに乗り換える場合、
今までのお使いの端末はそのままで、SIMカードだけを変えることが可能です。

先ほど、docomoであれば、docomoのSIM、auであればauのSIM、
ソフトバンクであれば、ソフトバンクのSIMしか原則使えないとお話ししたので、
「格安SIMに乗り換えるには、端末も新しく買い替える必要があるのでは!?」
と思ってしまいがちですが実はそういうわけではないです。

実は、格安SIM会社は大手キャリアの回線を借りて事業を行っているため、
docomo系の格安SIM会社、au系の格安SIM会社というような区分けでき、
docomoの端末を持っている ⇒ docomo系統の格安SIMが使える というように
それぞれに対応した端末であれば、その格安SIMを使うことが出来ます。

ですので、今の端末をそのまま使う場合、
今自分がどのキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の端末を使っているかで
乗り換えられる格安SIM会社が変わってくるというわけです。

docomoの端末を持っている場合

docomo系統の格安SIM会社は非常に多く、大体20社ほどの中から選べますが、
・DMM mobile 公式サイト
・楽天モバイル 公式サイト
・mineo(マイネオ) 公式サイト
・IIJmio   公式サイト
あたりが、評判がいいため、
この4つの中から選んでおけば大きくはずれることはないです。

乗り換え方としては例えば、docomoのiPhone5sをそのまま使いつつ、
SIMカードだけDMM mobileに入れ替えるという感じです。

auの端末を持っている場合

au系統の格安SIM会社は現在
・UQ mobile 公式サイト
・mineo  公式サイト
の2社がありますが、UQ mobileは速度も速く通信も安定すると言われているので、
auユーザーであれば、端末はそのままでUQ mobileに乗り換えるのがおススメです。

乗り換え例としては例えば、auのiPhone6をそのまま使いつつ、
SIMカードだけUQ mobileに入れ替えるという感じです。

ソフトバンクの端末を持っている場合

残念なことにソフトバンク系統の格安SIM会社は現在のところないため、
ソフトバンクユーザーの場合は、原則お使いの端末では格安SIMには乗り換えられません。

SIMロックを解除することで、SIMフリーの状態にすることは可能ですが、
端末によってはSIMロック解除できないものもあったり、
SIMロック解除=完全なSIMフリー状態というわけではないので、
何かしらの制約があったりとなにかと面倒です。

ですので、ソフトバンクユーザーであれば現状の場合、
原則、端末の買い替えという選択肢になります。

または、docomoやauのようにソフトバンクに対応した
格安SIM会社が出てくることを祈るかになります。

2.端末もSIMも両方新しく変える

端末がもう古くて新しいのに変えたい、ソフトバンクユーザーなので仕方なく、
という場合は、端末も新しく買いかえるという選択肢になります。

この場合、端末はSIMフリー端末のものを買いましょう。

楽天やDMM mobileなど、格安SIM会社が
SIMカードとセットでスマホも売っている場合もありますが、
基本的にこれらのスマホはSIMフリー端末です。

SIMフリー端末ということで、
この場合は、基本的にどこのSIMカードを入れても動きます。

楽天のSIMを使っていたけど、DMMのSIMにしたい、
やっぱり、UQ mobileの方に乗り換えよう・・・
海外に行くから、海外では現地でSIMを差し替えよう。

といったことが出来るわけですね。

もちろん、iPhoneにもSIMフリー端末があるので、
絶対にiPhoneじゃなきゃダメだという方はアップルストアで
SIMフリーのiPhoneを買って、好きな格安SIM会社を選んでください。
(ただ、実はiPhoneが超高級品であることにここで気づかされます笑)

もし、iPhoneにこだわる必要がないのでしたら、SIMフリー端末では、
・富士通: arrows M02
・ASUS: ZenFone 2 laser
あたりがコスパがいいと非常に人気が高いです。(個人的にはarrows M02一択ですね。)

ですので、乗り換え方としては、例えば、
arrows M02というスマホ端末と、DMM mobileのSIMカードを買って、
このスマホ端末にSIMカードを差し込むという感じです。
(端末はDMM mobileや楽天モバイルなどのサイトでSIMとセットで買えばOKです。)

いざ格安SIMに乗り換える際のプラン決めと注意点

では、今の自分に適した乗り換えパターンが分かってきたところで、
実際に格安SIMに乗り換えをしていきましょう。

上記の話から自分に合った格安SIM会社を決定したら、
どの料金プランにするかを決めていきます。

通話機能がいらない場合は、データSIMプラン、
通話機能をつける場合は、通話SIMプランを選びます。

あとは何ギガプランにするかを決めるだけです。

そして、ここを最適化するうえで、一緒に考えておくといいのが、
最初にお話したご家庭のネット通信状況です。

ノートパソコンを持ち歩くため、ポケットWi-fiを使っている方でしたら、
スマホもポケットWi-fiで繋げればいいので、極端な話
スマホの通信ギガ数は0ギガでも問題ありません。
(ただ、実際には少しある方が便利です。)

また、ご家庭に固定のネット回線が引いてある場合には、
家では無線LANを使って、スマホにも電波を飛ばせばいいので、
外でどれくらいのギガ数を使うかを考えればOKです。

もちろん、ネットの使用状況は人それぞれで、多い人もいれば少ない人もいますので、
個々人で必要な量というのは変わっていますが、一般的には、最初に示したように

1.パソコンを使わない方 (また、使っても少しだけなのでテザリングで十分な方)

格安スマホ5ギガプラン
月2000円(年間2万4000円)

2.パソコンを使う(ネット回線は自分だけで使用)

ポケットwi-fi+格安スマホ1ギガ
月4000円+1000円=月5000円(年間6万円)

3.パソコンを使う(ネット回線は自宅で家族共有)

固定回線+格安スマホ3ギガ×人数分
月5000円+1700円×人数分
家族1人・・・月6700円(年間8万円)
家族2人・・・月8400円(年間10万円)
家族3人・・・月1万円(年間12万円)

という感じで考えてあげるといいでしょう。

乗り換えの際の注意点

注意点の一つとしては、
大手キャリアを解約すると違約金が発生したり、
スマホを分割払いにしてローンが残っている場合は、
そちらも残額が請求されるため何かと費用がかかるということです。

そのため、どれくらいの金額が解約によりかかるかを確認しておくべきですが、
基本的に2年縛りの更新付きがちょうど翌月とかではない限りは、
速攻で格安SIMに乗り換えた方が結果的にお得になると思っていてください。

また、テザリングを使っている方はこちらも注意が必要で、
基本的に格安SIMに乗り換えてもテザリングは使えるものが多いですが、
端末とSIMの相性によってはテザリングが使えないものもあります。

例えば、docomoのiPhoneで格安simに乗り換えてもテザリングは使えますが、
auのiPhoneで格安simに乗り換えた場合は、使えなかったりします。

豆知識:実質0円はタダではない

スマホを買う際に「最新のiPhone実質0円」というように
実質0円という表記が至る所でよく見受けられました。

これを見て、「実質0円ならお得♪」と思って
ついつい最新機種を買ってしまっていた人は多いかと思います。

しかし、実はこの実質0円というのは
事実としては全くもってタダとは程遠いものです。

大体、iPhoneは7万円ほどする超高級品なのですが、
実は実質0円というのは、この7万円をその場は肩代わりする代わりに、
月額料に上乗せして2年間で返してくださいねと言われているだけです。

ですので、単に7万円のローンを2年で返すプランを組まされているだけです。

「端末代7万円2年ローン(返済方法は月額に上乗せ)」というのを
「実質0円」と書いているわけです。

単なるショッピングローンを実質0円と書いて、
ユーザーにお得感を感じさせることが携帯業界では常態化していましたが、
「さすがにこれはダメでしょ」と総務省から禁止令が出されてしまったことによって、
事実上この実質0円販売は禁止となってしまいました。

実質0円だから2年ごとにiPhoneを乗り換える人は多かったと思いますが、
結局これは毎回7万円近くのローンをずっと組まされ続けていたということです。

2年おきに最新のノートパソコンに買い替える人がいたら、
「おかしいでしょ」と突っ込むかと思いますが、そうした異常な状態が
スマホでは平然と起きてしまっていたというわけです。

実質0円はただの2年返済型のローンです。
言葉の印象に惑わされないように、気を付けましょう。

 まとめ

スマホ代やネット代については、難しいという印象があるため、
ほぼ全ての人の生活に関係しているにもかかわらず、
どうしても無頓着になってしまいがちな分野でもあります。

ただ、本来最適化をすれば月々数千円で済むところを、
分からないからと言って、月々1万円以上も支払ってしまうのは非常に損な話です。

特に家族全員でしっかりと最適化すれば、
今までよりも年間で10万円以上支払いを下げられるご家庭も多いかと思います。

今回のこの記事が、あなたを含めた多くの方にとって、
ネット代を見直す良いきっかけになれば幸いです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



3 Responses to “格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説”

  1. 平井 より:

    有難う御座いました。m(_ _)m

  2. 中村仁美 より:

    山下さんの情報は、本当に丁寧でわかりやすく、とても参考になります。
    私も、格安スマホに早速変える方向で考えます!

    確か、先月が更新だったような笑

  3. 石塚隆行 より:

    今回のメルマガを見て薄々は感じてましたが、現在契約上親子電話 の形を採ってますが私はスマホとPHSの2台所有のため、最初はPHS次はスマホ料金を安くしたいと思います。先ずはSIMロックと縛りの件ですが、更新月でない限り解約金が発生することはやむを得ないが、格安にするため 大手キャリアの回線使用なら格安simに変更し浮いた代金をアフリエイトを向上させるために使いたい。私も早く1ヶ月で先ずは10万を稼げるようになりたいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ