人脈を広げるのに大切な1つの心得



こんばんは、山下です。

前回のメルマガでは、
僕が初期の頃からずっと持ち続けている
資産構築の構想についてお話ししましたが、
非常に多くの方から返信を頂きました。

非常に勉強になったという声や
頭の中がシンプルになって良かったなど
多くの反響の声を頂き、大変嬉しく思っています。

物事をシンプルに捉えるというのは大切な考え方ですので、
まだ前回のメルマガを確認していない場合は
こちらから確認してみてくださいね。
関連記事:資産を増やすたった3つのステップ

さて、最近の僕はというと
まずは先日、会社を設立しました。

1年ほどお世話になっている税理士の方と相談して
税金面や法人のみで使えるサービスなど、法人化した方が
メリットが大きいというのが主な理由です。

ちなみに会社名は自分がしっくりくるものが良いな
と思ったので実は1週間くらい悩んでいました笑
p.s.部分で書いておくので、気になる方は後でそちらもご覧ください。

新卒で就職した会社を半年で退職し、
完全に独立して1年ほど経過してきたわけですが、
特に独立して以降、この一年間で僕自身が
事あるごとに感じてきていることが一つあります。

それが、

「人脈ってすごく大切」

ということです。

今お世話になっている信頼のおける税理士の方もそうですし、
また、今こちらも大変お世話になっている資産家の方もそうですが、
きっかけは仲間や恩師からご紹介を頂くところから始まっています。

自分が困っている時にその分野に秀でた素晴らしい方を
紹介してもらえるようになると、ビジネスに限らず、
人生全般が非常にうまく回っていくようになります。

そこで、今回は仕事や人生をより豊かにする
人脈を構築するのに大切な1つの心得をお伝えできればと思います。

■人脈を構築するのに大切な1つの心得

一般的に、素晴らしい人脈というのは
自分よりも高いステージの人からの
紹介によって次々と繋がっていきます。

極端な話、
仮にあなたが孫正義と非常に親しくなったとしたら、
おそらく、財界の名だたる著名人と親しい間柄になり
一気に人脈を広げることも可能でしょう。

ただ、仮に孫正義に会える機会があったとしても
そんなことをしてもらえるはずがないと誰しもが思うはずです。

それはなぜか。

それは、孫正義がそんじょそこらの人間に
取り合ってくれるわけがないからです。

これはかなり極端な話でしたが、
一般社会でもこの話はさほど大差はありません。

例えば、大きなセミナーに参加して、
そこの名物講師と名刺交換をしたとしても
2,3日後には忘れられてしまうのがオチでしょう。

時間とお金を使ってセミナーや交流会に参加しても
なかなかいい人脈が広がらない。。。

そんな悲しいことが続かないように、
是非、覚えておいてほしい人脈作りでの大切な心得が一つあります。

その大切な心得とは。。。

「人脈に恵まれたければ、まずは自分自身の実力を磨くべき」

ということです。

一般的に世の中の情報は、
上から下に向かって順番に流れています。

そして、重要度が高いものほど、
下の方まで流れてくることはなくなってきます。

例えば、会社の中でも、重要性の高い情報ほど
役員などの上層部で情報が止まり、
末端の社員にまで流れてこなくなります。

もし、自分が末端の社員だとしたら、
その情報を手に入れるには自分の役職を上げるほかありません。

これは人脈についても同じように言えて、一般的に
良い人脈というのは上の階層にいるほど巡り合いやすく
逆に下の階層の段階ではなかなか巡り合うことができません。

だからこそ、もし人脈に恵まれたいのでしたら、
まずは自分自身を磨いて今いるステージより
さらに高くに行く必要があるのです。

人脈作りにおいて、相手への感謝やリスペクトなど人間性の部分を
大切にすることはもちろん言うまでもないことですが、
その上で、常に自分自身の実力を磨き、上のステージに
進んでいる人ほど多くのご縁に恵まれるように感じています。

「人脈に恵まれたければ、まずは自分自身を磨くべき」

是非、心に留めておいてください。

特にネットビジネスでは他の業界に比べて
少しの実力差で一気にステージが変わるので、
短期間で普通では考えられないご縁を頂けるように
なったりするのが素晴らしいところでもあります。

■p.s. 1週間悩んだ末に。。。

今回設立した会社ですが、
株式会社リーフと名付けました。

以下、簡単に決定までの思考の流れを
ゆるくまとめてみました。

会社名どうしようかなー
とりあえず、ググるか。

なんか、理念を英語に訳し
その頭文字を取ってるパターンが多いらしい。

昔から教育系のことをしたいと漠然と思ってたし、
名前には Educationの e をどっかで入れよう。

Leading って結構いいな。
Le~~ でなんかいい感じにならんかな。

リーフって響き良くない!?

eかaが欲しい。。。

e-Education(オンライン教育)ならeeになるわ

Fは。。。
futureでいいや

Leading e-Education for the Future(未来のためのオンライン教育を先導する)
何かいい感じにまとまった

頭文字とって Leef

英語だと、何かと面倒なので
カタカナ表記でいいや

リーフ

以上です笑(実際はもう少し真剣に考えています。)

将来的にライフワークとして
もしかしたら、今までにないオンライン系の
学校教育サービスを作っているかもしれません。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ