rel=”nofollow”とは!?nofollow属性タグのSEO効果、記述方法、外部リンクで使う意味をわかりやすく解説



nofollo

こんにちは、山下です。

今回はnofollow属性についてです。

SEOを学んでいく中で、
「外部リンクではnofollow属性にしましょう。」という感じで
nofollow属性という言葉が出てくることがありますが、
初心者にとってこのnofollow属性とは何なのかが分かりづらいもの。

そこで今回は、このnofollow属性についてその役割を解説していき、
WordPressブログでどのように記述していくかを見ていきましょう。

nofollow属性とは!?

nofollow属性とは一言で言えば、
「リンク先のサイトは自分とは一切関係ないですよ」
という意思表示のようなものです。

自分のサイトから、外部のサイトにリンクを貼る場合に(外部リンク)、
このnofollow属性の記述しておかないと、
実は自分のサイトのSEOパワー(リンクジュース)を
リンク先のサイトに分け与えてしまうことになります。

というのも、リンクを貼る行為というのは、意味合い的には
相手先のサイトを推薦しているということになるため、
推薦した側から推薦された側へSEOのパワーが送られてしまうというわけです。

ただ、ここでこのnofollow属性を記述しておくことで、
その相手サイトは自分とは関係ない(推薦はしていない)という意思表示になり
SEOパワーが相手サイトへ移ってしまうことを防げるわけです。

また、これは逆に自分のサイトにSEOパワーを送る際にも言えて、
リンクがnofollow属性になっていると、SEOパワーを受け取ることが出来ません。

例えば、Twitterから自分のサイトにリンクを送ったとしても、
Twitterのリンクはnofollow属性となってしまっているので、
SEOパワーを移すこと出来ません。

リンクがnofollow属性だと、SEOパワーが移らないから
外部リンクを貼る際には記述した方が良いという風に覚えておきましょう。

では、次にnofollow属性の記述方法についてみていきます。

nofollow属性の記述方法

WordPressで記事を書いている場合、
編集方法にはビジュアルとテキストがありますが、
nofollow属性を記述する場合はテキストの方を使っていきます。

例えば、
「〇〇はこちら」 という外部リンクを貼る場合、
リンクの部分はテキストではこのようなコードになっていますが、

ここに rel=”nofollow” という記述を次のように加えます。

これにより、このリンクはnofollow属性になります。

また、一般的に外部リンクは別タブで開きますので、
target=”_blank”という記述を加え、

としておくといいです。(僕の場合、外部リンクは全て上記のような記載にしています。)

ボタン一つでrel=”nofollow”を挿入する

rel=”nofollow” と記述することでnofollow属性にすることが出来ますが、
このコードを毎回打つのも非常に面倒ですし、記載ミスも起きやすいです。

どうせならボタン一つでnofollow属性タグを挿入できるようにしましょう。

プラグインAddQuicktagを利用する

AddQuicktagは設定したタグをボタン一つで挿入できるプラグインです。

AddQuicktagをインストールし、設定からAddQuicktagを選択します。
ラベル名をnofollow、開始タグを先ほどのrel=”nofollow”、
右側のチェックをすべてつけて、変更を保存します。

nofoll

すると、記事編集の画面にnofollowというのが追加されますので、
こちらのボタンを該当箇所で押せばrel=”nofollow”が挿入されます。

nof

まとめ

nofollow属性とは、
自分のサイトがリンク先のサイトに関与しないことを示すものであり、
SEOパワーを分け与えないために、外部リンクを貼る際には記述すると良い。

記述する際には毎回

という形で記載しましょう。

また、毎回、rel=”nofollow”と記述するのは面倒な作業なので、
AddQuickTagというプラグインを使うことでボタン一つで省略できるようにすると良い。

自分のサイトのSEOパワーが奪われて良いことはありませんので、
外部リンクを貼る際には面倒ですが毎回忘れずに挿入しておきましょう。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ