就職活動では英語力があると有利なのか!?TOEICの点数(筆記試験)よりも英語面接で説明できる方がアピールになる!?



ei

就活生の気になる話題の一つとしてあるのが
英語力はどれくらい必要なのかということ。

最近では、TOEICの点数を見る企業も増えてきており、
「点数が低いと内定が取れない」と周りから言われて、
必死に問題集の勉強をしている学生も多いかと思います。

そこで今回は就活における、英語力の位置づけについて、
少し見ていきたいと思います。

多くの日本企業がグローバル化を叫ぶ中で、
実際に英語力はどれくらい重要なのでしょうか。

TOEICの点数を活用する企業は増加している

新卒採用では足きりに使用

新卒採用において、英語力の指標として
TOEICを活用している企業は年々増えてきています。

toei

有名企業では、TOEICの点数を足きりに利用している場合が多く、
条件以下での学生は選考に進めないようになっています。

TOEICを足きりに使っている企業としては、以下のようなところがあります。

800点以上:
住友不動産、野村不動産

730点以上:
ソフトバンク、武田薬品

700点以上:
NTT東日本、ファーストリテイリング、三菱電機、ヤマト運輸、ブリジストン、東京電力、三菱自動車

650点以上:
アサヒビール、佐川グローバルロジスティクス、シチズンホールディングス

600点以上:
出光興産、王子製紙、大正製薬、大和ハウス工業、ニトリホールディングス

幅広い業界の有名企業がTOEICの点数を活用していますので、
自分が受けそうなところが使っていないかは必ずチェックしておきましょう。

現在のところ、800点以上あれば、ほぼ足きりになることはないですし、
新卒の段階であれば、概ね700点以上あればほとんどの企業にはエントリーできます。

社内では昇進や留学条件に

また、TOEICの点数は会社に入った後でも、
昇進や留学条件に必要になってくる場合があります。

800点以上:
日立製作所(経営幹部)、三井住友(総合職全員の努力目標)、KDDI(事務・技術職の配属、異動)、サイバーエージェント(海外部門)

750点以上:
三井物産(入社3年目社員)、三菱商事(課長クラス)、楽天(上級管理職・部長級)

730点以上:
双日、タバコ・ジャパン合同会社(管理職)、丸紅(入社5年目社員)、京葉銀行(人事評価に反映)、日本IBM(次長)、住友商事(管理職)

700点以上:
伊藤忠商事(入社4年目社員)、シャープ(課長職)、ファーストリテイリング(本部管理職)、キリンビール(事務・技術職の配属、異動)、楽天(課長級)

特に商社系などは入社3~5年目で昇進する際に必要になっている場合が多いです。

社会人になると基本的に学生時代に比べて、
勉強に避ける時間が少なくなってしまい、なかなか対策も出来なくなってくるので、
時間のある学生のうちに目標点をクリアしておくのがいいでしょう。

なぜTOEICを使うのか!?

多くの企業は英語力を見る指標としてTOEICを使いますが、
多くの人がすでにお気づきになっていますが、
TOEICの点数が高い=英語が話せる というわけではありません。

ただ、それは採用側の人も周知の事実で、
TOIECが高いのに英語が全く話せない人を五万と見てきています。

それでも、なぜTOEICの点数を指標にしているかと言えば、
一つの理由としては、TOEIC以外に英語を測る指標がないこと、
また、別の理由としては、TOEICの点数が高い人は
英語を吸収するポテンシャルを持っている可能性が高いということが考えられます。

ただ、本当に英語力を重視している外資系企業などは、
英語の面接などを行って実力を判断しますので、
日系企業が使うTOEICの点数というのは、エントリー数が1万を越えるような
有名企業にとっての一種の学歴フィルターという位置づけであるとも言えます。

もちろん、点数が高いことに越したことはありませんが、
選考が進むにつれて、TOEICの点数の重要度は下がっていきますので、
点数が低いからと言って、就活が圧倒的不利になるということはほとんどないです。

本当に人生で使えるスキルを身につける

TOEICの点数は自分の受ける企業のフィルターに
かからないくらいを取っておいて、残りの学生生活の時間を
今後の人生で使えるようなスキルを身につける方が大切でしょう。

例えば、英語の筆記力ではなく、会話力を鍛えたり、
他にも、会社に依存しないで自分自身で独立できるスキルというのも
学生時代の時間のある時にやっておくことをおススメします。

僕自身はすでに会社から独立して自由気ままに生きていますが、
これが出来たのも学生時代の時間があった時に、1年ほどかけて
独立するためのスキルを身につけることが出来たからです。

多くの人は会社に入った後に、
学生時代にやっておけばと後悔することがありますが、
その一つに会社に入らなくても生きていける道を
もっと探しておくべきだったというものがあります。

ただ、独立できる力というのは
日本の教育では教えられることはまずないため
ほとんどの人が社会に出るまでその存在にすら気づくことはありません。

そこで、今現在僕は、日本の教育では絶対に教えられることのない
会社に依存しないで生きるためのスキルを学べるメルマガを配信しています。

若いうちに学んでおいて間違いなく損はありませんので、
興味がある場合はこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ