ホームページ(サイト)やWordPressブログにパスワードを設定する方法



pa0

ホームページやWordPressなどを運営している際に、
特定の人だけアクセスできるようにパスワードを設定したい
という場面が出てくることがあるかと思います。

そこで今回は、サイトやブログ全体に
パスワードをかける方法を紹介していきます。

方法1.レンタルサーバーでパスワードを設定する

パスワードをかける一つの方法が、
レンタルサーバーでパスワードを設定する方法です。

今回はXサーバーで運営しているサイトに
パスワードをかける方法を紹介していきます。

a.Xサーバーのサーバーパネルでパスワードをかけたいドメインを選択し、
「アクセス制限」をクリックします。
pa1

b.サイト全体にパスワードをかけたい場合は、「現在のフォルダ」の
アクセス制限を「ONにする」をクリックします。
(サイト下層の特定の箇所にかけたい場合は、該当のドメインのアクセス制限をONにします。)
pa2a

c.ステータスがONになっていることを確認したら、ユーザー設定をクリックします。
pa3a

d.ユーザーIDとパスワードを決めて、「ユーザーを追加」をクリックします。
pa4

これにより、サイト全体にパスワードがかかり、
サイトにアクセスしたときに、ユーザーIDとパスワードが求められます。
pa5

これでユーザーIDとパスワードを知っている人のみが
サイト内を閲覧できるようになります。

方法2.プラグインを利用する(WordPressブログのみ)

運営サイトがWordPressの場合、
「Password Protected」というプラグインを入れることで、
ブログ全体にパスワードをかけることが出来ます。

a.まずは、プラグインの新規追加から、
Password Protectedを検索してインストールします。

b.プラグインを有効化すると、設定から
Password Protectedという項目が出てきますのでこちらを選択します。
pa6

c.Password Protected StatusのEnabledにチェックを入れることで、
サイト全体にパスワードをかけることが出来ます。

また、Protected Permissonsはパスワード認証を省略できる人物を表しており、
Allow Administrators・・・サイト管理者(自分)
Allow Logged In Users・・・一度でもログインしたことのあるユーザー
Allow RSS Feeds・・・RSSフィード
となっているので、基本的にはAllow AdministratorsにチェックをつけておけばOKです。
pa7

これにより、ブログ全体にパスワードがかかり、
ブログにアクセスしたときに、パスワードが求められます。
pa8

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



 関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ