40代で課長になれない人が9割!?大企業管理職の上がる昇進年齢と下がる平均年収の不安



syu

会社に入った時は、「最低でも部長にはなりたい。」
そう思いながら入社する人は多いでしょう。

ただ、現実には部長なんて、はるか先、
課長にすらなれないで平社員のまま終わってしまう人が
非常に増えてきているようです。

そこで今回は役職者の平均年齢や平均給与を見ていき、
今の会社員の現実を少し知っていきましょう。

平均年収は役職によって大きく変わってくる

まずは男性の年齢別の年収を見ていきましょう。

年齢別平均年収(賞与含まず)

・30~34歳 276万円
・35~39歳 316万円
・40~44歳 355万円
・45~49歳 400万円
・50~54歳 422万円

ボーナスを含んでいませんが、
現在の日本では50代でも400万円台ということで、
平均年収が昔に比べて、大きく下がっている印象を持つのは間違いないでしょう。
関連記事:サラリーマンの平均年収が409万円って本当!?

しかも、この平均年収は高い役職についている人によって
引き上げられているので、役職が低い場合は平均よりも下がっていきます。

役職別平均年収(賞与含まず)

・部長 52.4歳 :657万円
・課長 48.0歳 :522万円
・係長 44.0歳 :392万円
・非役職     :208万円

非役職と係長の間が180万円、係長と課長の間が130万円、
課長と部長の間が130万円と大きく変わっていきます。

また、役職の平均年齢も非常に高くなっており、
係長ですら平均年齢が44歳ということで、
役職に就ける年齢は想像以上に遅いようです。

そして、ここで40代以降の年代別平均年収が
400万円前後ということで、係長の役職年収の水準に近く、
課長の役職年収の水準とは大きくかけ離れているので、
ほとんどの人が課長未満の役職にいるということが分かります。

実際、ある調査によると9割近くが課長未満という結果も出ており、
現在では会社の中で課長にすらなれないのが普通になってきています。

大企業で出世は無理!?

このように今の日本社会では昇進年齢が上がっていき、
昔よりも想像以上に大きく出世するのが難しくなってきています。

昔は大企業では年功序列が色濃くあったため、
昇進をさせるためだけの無駄な管理職も多く存在した傾向にありましたが、
日本経済の長年の停滞から無駄な役職がどんどん減らされています。

また、定年が延長されていくにしたがって、
なかなか上司が退職しないという状態にもなっています。

そのため、今では少なくなった役職は大量に残っている
上の世代だけで定員オーバーとなり、
中々、下の世代にまで回ってこなくなってきているわけです。

そして、どんなに頑張っても、係長止まりになってしまい、
一部の人を除いて、年収が低い状態で頭打ちをしてしまっているのです。

特に大企業ではバブル期に大量に採用されている上の世代がいるため、
よりそれ以下の世代にしわ寄せが来るようになってきています。

そして、これからの時代は、さらに企業の効率化が求められることで、
さらなる出世ポストの減少とそれに伴う年収格差が拡大していくことになります。

また、格差だけでなく、企業の効率化は全社員の低賃金化へと
着々と向かっていくでしょう。

nendaibetu

こちらは、日本人の平均年収の推移ですが、実は平均年収は
右肩下がりに下がっており、我々が知らない間に年間で60万円以上も下がっています。

そして、日本の経済停滞が今後も続くことから考えても、
さらに年収は右肩下がりになっていくことは容易に予想できるので、
今の状況よりもさらに厳しい生活が強いられることになってきます。

一昔前だあれば、会社で一生懸命に働いていれば、
生活の安定は保証されて、豊かで幸せな生活を築くことが比較的容易でした。

ただ、これからの時代は昔とは違い、会社に全てを捧げたとしても
充実した生活が保障されないということを多くの方が気づき始めています。

今現在、僕はこうした日本の未来を見越して
行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ