就活のお祈りメールの数に辛い・落ち込むと感じた時に復活できる3つの対処法とは!?



syuu5

就職活動で何社からも立て続けにお祈りメールが来ると、
「自分は社会に必要とされていない」と落ち込んでしまい、
諦めたくなってしまう就活生は非常に多いです。

就活を諦めたい、面接に行くのが嫌だと感じたら、
どのようにして対処していけばいいのでしょうか。

対処法1 メンタルを整える

人間うまくいかないことが続いてくると、
どんなにポジティブな人でも気分が憂鬱になってきます。

特に就活の場合は、何十社と落ちることも一般的に起きますので、
非常に強靭な鉄のハートを持っている人以外は
誰しも一度は、心が折れかかる時が来ます。

ただ、そこで就活を諦めてしまい、
企業を受けなくなってしまっては、
内定は絶対に取ることが出来ません。

内定を一つも取れないで終わってしまう学生の多くは、
基本的に途中で心が折れて行動をしなくなってしまうパターンがほとんどです。

最後まで気持ちが折れずに行動していれば結果はついてきますので、
落ち込んだ気持ちをすぐに切り替えるメンタル回復法を作っておきましょう。

また、落ち込んでいる時には頭が正常に働きませんので、
予め落ち込んだときの対処法を決めておくのがいいですね。

例えば、

・カラオケに行く
・好きな音楽を聴く
・友達と飲んで騒ぐ
・甘いものを食べる
・運動をする

など、何でもいいです。

また、時間を使いたくない場合は、
「まぁ、いいか」などポジティブな言葉を口に出してみるなど、
自分なりのまじないを作っておくことも効果的です。

大切なのは自分の気持ちを切り替えるスイッチとなるものを
あらかじめ用意しておくことです。

ネガティブな思考が続いていると、
就活ではうまくいかない負のスパイラルに陥ってしまいますので、
メンタルを回復させることでまずは対処していきましょう。

対処法2 うまくいく面接を完成させる

就活でうまくいかないのは、
基本的に面接でうまく受け答え出来ていないことが原因です。

ですので、当然のことですが、
面接を上手くしていくことが非常に大切です。

特に就活がうまくいかないと、気持ちだけが焦ってしまい、
冷静な対策を行うことをしなくなり、結果として落ち続けて、
さらに焦っていくという負のスパイラルに陥るようになってしまいます。

僕も就活をしていた時期がありますが、就活生は
「幾つもの内定をもらえる一部の就活生」と、
「内定を全くもらえない多くの就活生」に二極化します。

そして実は、内定をもらえる人には共通していることが一つあります。

それは、
「内定をもらうための面接のコツを知っている。」ということです。
関連記事:就活面接でぶれない軸の見つけ方・決め方と使える参考例一覧。
関連記事:就活でやりたいことがわからない時の面接での対処法とは!?

面接は一度うまくいくようになると自信がつきますし、
何よりもうまくいく面接が完成すれば、使いまわすだけで同じようにうまくいきます。

就活の早い段階でうまくいく面接を完成させていきましょう。

対処法3 就職以外の道もあることを知っておく

就活で落ち込みやすい人の特徴の一つとしては、
真面目で今まで受験などの勉強を頑張ってきたタイプということが挙げられます。

なぜ、真面目な学生ほど、就活で落ち込みやすいかというと、
「就活での失敗」 = 「人生の終わり」
と考えてしまいがちだからです。

特に日本の場合は、私たちは小さいころから
中学、高校、大学と進み、従業員として会社に就職するのが、
正しい人生のレールであるという風に無意識に刷り込まれています。

そして、それ以外の道を知らないため、
この人生のレールから一度でも外れてしまうと
生きていけないという風に錯覚してしまいます。

ただ、ここで知っておいてほしいのは、
私たちのほとんどは会社に就職する以外にもレールがあることを教育されていないため、
唯一の選択肢としてのこのレールを死守しようと躍起になっているということ。

実は知ってしまえば、隣にあるレールの方が
今乗っているレールよりも快適な旅になる可能性もあるわけです。

特に現代はブラック企業が日本の企業の7割を超えると言われていますが、
今後、日本が衰退していく中で、この就職というレールはより厳しく変わっていきます。

そんな状況の中でも、就職という1本の細くなり続けるレールしか
知らないことに危機感を持たないと、万が一レールがなくなってしまった時に
それこそ人生の終わりになってしまいます。

今現在僕は、こうした社会の先を見すえて、
会社に就職する以外の選択肢を持ちたい
と思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ