就活でやりたいことがわからない・具体的に見つからない時の面接での対処法とは!?



syuu3

就職活動をしている就活生の多くが悩むことの一つが、
自分が何をしたいか分からないということ。

ただ、この自分がしたいことを明確にして話せるようにしないと、
面接ではなかなかうまく対処することはできません。

そこで、今回はやりたいことが見つからない時に
どのように対処していくかについてみていきましょう。

やりたいことを見つける必要はない!?

自己分析をしていく中で、
「自分は絶対にこの仕事がしたい」と明確な意思が固まっていく人がいる一方で、
「結局何をしたいかよく分からない。。。」と悩んでしまっている人も多くいます。

後者の場合、就活の時期だから就活をしているが、
「出来ることなら働かないで生きていけないものか」
というのが本音の人も多いかと思います。

ただ、就活ではやりたいことを無理にでも見つけないといけない風潮があり、
見つからないと、「ダメな人間」の烙印を押されかねなくなってしまいます。

そのため、就活をしていると、仕事以外を優先して生きる生き方が
肯定されづらいですが、こういった生き方を目指すのは別に悪いことではありません。

もちろん、明確な目標がある人の方が、面接では通りやすいのは事実です。
ただ、だからと言って仕事に対する目標がなかったとしても、
面接に通れないわけではないです。

そこで、ここからは仕事に明確な目標を持っていない場合でも
上手く就活を乗り越えられる対処法を学んでいきましょう。

では、まずはなぜ就活ではやりたいことを明確にした方が良いのか見ていきましょう。

やりたいことを見つける理由

なぜ、就活では多くの学生が躍起になって
自分が仕事でやりたいことを見つけようとするのか。

それは結局、やりたいことを面接で明確に話すと
面接で通りやすいためです。

まず前提として知っておくべきこととしては、
企業が学生を選ぶ際に一番重要視しているのが、
「結局、この学生は自社の利益に貢献するのか」ということ。

企業側は、面接で学生時代の経験や
将来のやりたいことなど様々な質問をしますが、
結局のところ、「この学生は自社の利益に貢献するのか」
という点を判断しています。

なので、学生の経験に関する質問を字面だけで答えて、
ただ単に、「バイト頑張りました」という事実だけを伝える学生は
何社受けても落ち続けることになります。

そして、企業が学生を判断する際に一つの大きなポイントとなるのが、
「その学生が能動的に考えて動ける人間か」ということ。

ですので、例えば学生時代の経験について聞かれた際に、
「私は〇〇な困難があった時に、〇〇のように考えて、
〇〇という行動をし、結果として〇〇となりました」といった
能動的な行動をしている答えが最低限として求められていることになります。

そして、やりたいことの質問についても、結局同じことで、
「私は〇〇が成し遂げたいからこそ、御社を希望しています。」という学生と、
「私はなんとなく、御社が良いと思っています」という学生がいたら、
前者は能動的で利益に貢献する社員になりそう、
後者は受動的で指示待ちのダメな社員になりそうと考えるわけです。

日本では、数回の面接だけで内定を判断する以上、
仕事に人生を賭けたくないと思っていたとしても、
「自分は将来、仕事を通じて〇〇がやりたくて、だからこそ御社なのです。」
と面接で対処ができるように論理的な説明を準備しておきましょう。

そもそもなぜ就職するのか!?

日本の場合、私たちは教育課程の中で、
会社にサラリーマンとして就職する選択肢しか持てないように
小さいころから刷り込み教育をされています。

義務教育のレールに乗って受動的に生きていると、
中学、高校、大学と進んで、大学3年生で就活をして、
そこから一生、従業員として働くという流れを無意識に受け入れます。

特に親世代のほとんどがその認識をもっているため、
今の若い世代は「就職できなければ、生きていけない」
という考えが知らず知らずのうちに強く頭の中に刷り込まれています。

そのため、就活では内定を取れないことは
学生にとって死を意味することになり、
何としてでも生き残ろうと必死になっていきます。

そして、その結果、視点が狭くなってしまいがちになってしまい、
一番大切なことを忘れがちになってしまいます。

『結局、何のために自分は就職するのか?』

この問いに自分なりの答えを持っていないと、
せっかく苦労して内定をとったにもかかわらず、
今度は仕事の辛さに悩むことになってしまいます。

特に今後の日本経済は衰退することが予測されるため、
会社が生き残るためにも、労働環境の厳しいブラック企業が
今まで以上に増えていくのが自然な流れになっていきます。
関連記事:ブラック企業が増える理由

新卒から3年で3割の学生が会社を辞めてしまうのも、
厳しい労働環境の中で『何のために働いているのか』ということを
深く悩んでいる人が多くなってしまっている結果なのです。

少し前であれば、いい大学を卒業して、いい会社に就職したら
充実した生活を得られるというのが社会の常識でした。

ただ、これからの時代は昔とは違い、会社に全てを捧げたとしても
充実した生活が保障されないということを多くの若者が気づき始めています。

今現在、僕はそういった社会の先を見越して
行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ