YouTubeの広告収入と再生数の関係。ヒカキンやパズドラが稼ぐ驚きの金額とは!?



youads

ヒカキンやパズドラ動画など、動画をYouTubeにアップして、
その広告収入で生活しているYouTuberが近年注目されています。

動画の再生回数が増えることで、広告収入が得られるわけですが、
一体どれくらい再生されると、いくら稼げるのでしょうか。

広告収入と再生数の関係は!?

YouTubeの広告収入は再生回数と比例関係にあり、
大体、動画1再生あたり0.1円の広告収入と言われています。

ですので、1万再生されると
1000円ほどの報酬になるというわけです。

YouTubeは非常に巨大なメディアであり、
著名なYouTuberの場合、再生回数が1億回を超えるため、
その収入も非常に膨大なものになってきます。

例えば、ボイスパーカッションで一躍有名になった
ヒカキンのアカウントでは年間の再生数が10億回近くになっており、
YouTubeの広告収入だけで年収が1億円を超えているとのこと。

また、パズドラなどのゲーム実況で有名な
マックス村井も年収が8000万円近くだと言われています。

YouTubeに動画をアップロードして、広告収入を得ることは誰にでもできるので、
一般人でもうまくYouTubeで有名になれば、数年の間に
1億円をも稼げる可能性があるということで非常に夢がありますね。
関連記事:YouTubeにアドセンス広告を登録する設定方法。関連付けをして収益化するやり方とは!?

広告単価が半減!?

現状、1再生あたり0.1円と言われていますが、
先日、一気に広告単価が半減し、
1再生あたり0.05円になったと話題になっていました。

同じ再生回数でも収入が一気に半減ということで、
YouTubeで生計を立てている人にとって、
この広告単価の変動は非常に死活問題になりますよね。

この話題は一時的なもので、
現状では1再生あたり0.1円に戻っているとのことですが、
今後、広告単価が徐々に下がっていくという可能性は考えられます。

というよりも、僕はむしろ今後、広告単価が現状のままで
ある方が可能性として低いと考えています。

今後、YouTubeの広告単価は減少していく!?

これはネット系の広告全般に言えることなのですが、
広告会社は広告を使ってくれるユーザーが増えるまでは
広告の単価を高くして、多くのユーザーを呼び込みます。

そして、ひとたび、ユーザーの増加に成功したら、
徐々に広告単価を下げていき、ユーザーへの還元分を減らして、
その分、企業の利益を増やしていきます。

この戦略は、今あるネット広告の多くが行ってきており、
YouTube広告も例外ではないと考えられます。

YouTube広告が有名になったのはつい数年ほど前で、
YouTuberの台頭により世間的に大きく認知されるようになり、
広告を使うユーザーの大幅な増加を成功させました。

ですので、現状の1再生0.1円というのは、
YouTubeがユーザーを集めるための高い水準の単価ですので、
今後は徐々に単価を下げていくと予想されます。

もし、仮にYouTubeで今稼げるようになって、
「すぐにでも会社を辞めよう!」と考えている場合は、
今後、一生この状況が続く可能性は大きくないということを
予め知ったうえで判断するといいですね。

もし、今後も安定して稼げるようになって、
真の意味で自由を手にしたいと思っているのでしたら、
今現在、僕が配信している無料メール講座を受講して、
長期的に稼いでいく実力を身につけておくことをおススメします。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ