YouTubeで広告収入を稼ぐ仕組みとは!?やり方の手順と設定方法を解説



yout

近年、YouTubeの広告収入で生計を立てている
YouTuberが話題になっていますね。

中には、年収1億円を超えるYouTuberもおり、
月収100万円レベルであれば、一般の人でも
かなりの人数が増えてきています。

そこで今回は、YouTubeで稼ぐ仕組みを説明したうえで、
どのようにして稼いでいくかの手順と設定方法を解説していきます。

YouTubeで広告収入を稼ぐ仕組みとは!?

YouTube動画を見ていると、動画の最初や動画の途中で
広告が表示されることがありますよね。

この広告はGoogleが提供しているGoogleアドセンスという
広告サービスで、YouTuberはこのGoogleアドセンスを
自分のアップロードした動画に掲載することで広告収入を稼いでいます。

以前までは、YouTubeにアドセンス広告を掲載できるのは、
一部の提携法人だけでしたが、今では一般ユーザーでも
簡単に掲載できるようになりました。

YouTubeのアドセンス広告には
次の3種類のものがあります。

1.インストリーム広告

インストリーム広告は
YouTube動画が開始される前に流れるCM広告の事です。

数秒は必ず視聴しなければならず、
数秒たつと、右下にCMをスキップできるボタンが表示されます。

このインストリーム広告は30秒以上視聴されるか、広告をクリックされると
報酬が発生するようになります。

2.オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、
YouTube動画の途中で再生画面下部に表示される広告の事です。

この広告はクリックされることで、報酬が発生するようになります。

3.ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は
注目動画の右側とおススメ動画一覧の上に表示される広告の事です。

この広告もクリックされることで、報酬が発生するようになります。

 

ちなみにどの種類の広告が表示されるかは、
YouTube側が自動で決めますので、
YouTuber側が設定操作をする必要はありません。

YouTubeで稼ぐためのやり方の手順を解説

YouTubeで稼ぐための準備の流れを説明していきます。

YouTubeで稼ぐためには次の準備が必要になります。

1.Googleアドセンスのアカウントを取得する
2.GoogleアドセンスをYouTubeに関連付ける

アドセンスアカウント取得、YouTubeへの関連付けまでの流れは
こちらの記事を参照してください。
関連記事:YouTubeにアドセンス広告を登録する設定方法。関連付けをして収益化するやり方とは!?

あとは、YouTubeに動画をアップロードすれば、
再生回数が増えるたびに、アドセンス報酬が発生するようになります。

現在のところ、1再生あたりで、大体0.1円の報酬が発生しますので、
1万再生されると1000円の報酬が発生するという具合になります。

YouTuberで有名なHIKAKINは動画の再生回数が
10億回以上を越えれているので、アドセンスの広告収入だけでも
1億円は稼いでいるというわけです。

さすがにHIKAKINレベルまでのYouTuberになるのは難しいですが、
月収100万円レベルであれば、一般ユーザーでもかなり増えてきました。

YouTubeは全て無料で出来ますので、
月数万円レベルの副業として始めてみてはいかがでしょうか。

 

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



 関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ