仕事のプレッシャーでストレスを感じる男性へ。期待が辛い時の乗り越え方とは!?



stre3

若い頃にがむしゃらに仕事を頑張っていると、
上司からよく掛けられるが「期待しているぞ」という言葉。

この言葉は、頑張っていることを評価されているため嬉しく感じる一方で、
次も期待に応えないといけないということでプレッシャーに
感じてしまう人も少なくないです。

そして、期待に応えようとしたあまりに、
自分自身を追い込んでしまい、どんどんと辛い状況に
陥ってしまう人も中にはいます。

今回は、期待に応えるのに辛くなったときに
どのようにして乗り越えていく方法をいくつか紹介していきます。

期待が辛い時の対処法1 人に話してみる

期待にこたえるために、自分自身を追い込んで
辛い状況に陥ってしまう人は、自分の中に
問題を貯めこむ真面目なタイプの男性が多いです。

こういった方は仕事だけでなく、ストレス全般を
溜め込みやすいので、人に話してスッキリするということを
習慣にできるとストレス全般が減っていきます。

ただ、、仕事に関する愚痴になる場合は、
社内の人に話すと後々問題になりかねないので、
仕事とは関係ない信頼がおける友人に相談してみるのがいいですね。

人に話すことで、それだけでもすっきりしますし、
相手からもいいアドバイスがもらえることもありますので、
期待に疲れてしまったら、まずは吐露できる人に話してみましょう。

期待が辛い時の対処法2 気分転換をして楽な気持ちになる

プレッシャーを感じている時は
どんどんと思考がマイナスになり、
気持ちがふさがってきてしまいます。

こうした時は、お笑い番組を見たり、
趣味で息抜きなどをして、
気持ちを前向きにしていきましょう。

張りつめた気持ちは仕事をするうえでは大切ですが、
たまに気分転換をすることは仕事のパフォーマンスを高める上で重要です。

飲みに行ったり、お風呂に入ったりなど、
時間をとってリラックスするのが一番ですが、
どうしても時間をとれない場合は、「期待に応えられなくても死ぬわけではない」
と楽な気持ちで考えられるようになるとプレッシャーが軽減されていきます。

期待が辛い時の対処法3 抜きどころを考える

プレッシャーを感じ自分自身を追いつめてしまう人には、
完璧主義な性格の人が多いです。

どんな仕事でも100%の力を発揮しなければ、納得できない。

そのため、全てに対して全力投球を実行しなければ気が済まなくなります。

もちろん、この考え方は短期的に結果を出すうえでは大切です。
ただ、仕事の場合は、総じて大事になるのがコンスタントに結果を出し続けること。

全てを完璧にこなし続けていくと、いつかはバテてしまいます。

そして、仕事が出来る人は総じて
全てを100%にこなすのではなく、抜き所というのを確実に抑えているものです。

抜くところは抜いて、肩ひじを張らずに頑張りすぎない。

こういった意識を持つと軽い気持ちで仕事に取り組めるようになっていきます。

あなたは頑張り続けられますか!?

会社で仕事をしていると毎日がプレッシャーやストレスとの戦いになります。

しかも、今の日本は経済が衰退期に向かっているので、
大半の会社の業績も厳しくなっていくため、

多くの企業がブラック企業化してきています。

こうした状況の中では、より仕事に対するプレッシャーやストレスが、
大きくなってきてしまいます。

仕事を頑張り続けない限り、生き残れなくなっていく。。。

このようにして、生きていくために一生頑張り続けなければならない、
そういった社会に日本は変わってきています。

プレッシャーにも限度というものがあり、
その限界を超えて無理してまで働き続けてしまうと
結果的に健康を害してしまうという場合もあります。

朝起きるのがつらい。。。
毎日会社を辞めたい。。。
会社での人間関係がつらい。。。

もし、こう思っていたら、
もしかしたら会社で働くということ自体が合わないのかもしれませんので、
別の方法を検討してみるのも一つの対処法です。

今現在、僕はそういった会社に依存せずに
生きていけるようになりたい人向けに、メルマガを配信しています。

詳しい話はこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ