仕事のプレッシャーに耐えられないで眠れない時の解消法とは!?



st1

夜に布団に入っても、どうしても仕事のことが頭から離れずに、
眠れなくなってしまう時ってありますよね。

特に次の日に大事な会議がある場合などは、
「早く眠らなければ。。。」と思えば思う程、目がさえてしまい、
逆に寝れなくなってくることは誰にでも経験があるかと思います。

そんな仕事のプレッシャーで眠れない時の
解消方法はいったいどんなものがあるのでしょうか。

眠れない原因は自律神経の乱れ

眠ろうとしていると、逆に目が覚めてしまうのは、
自律神経に原因があります。

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っており、
交感神経は緊張や興奮している時に働き、
副交感神経はリラックスしている時に働きます。

つまり、交感神経がONのスイッチ、副交感神経がOFFのスイッチになります。

自律神経が正常に働いていると、
就寝する頃に副交感神経が働き体がリラックス状態になります。

ただ、この時に不安や考え事をしていると、
緊張や興奮をつかさどる交感神経が働き、
体のスイッチがONの状態になってしまいます。

そして、寝よう寝ようと考えていると、
それもまた、交感神経を刺激することになり、
反って眠くならなくなってしまうわけです。

特に、今のストレス社会の中では、
常に緊張状態になっている場合が多く、
これが不眠を引き起こしている原因でもあります。

ですので、眠るためには、
いかに交感神経を刺激せずに、副交感神経を刺激して、
リラックス状態に出来るかが大事になってきます。

では、具体的にどういった方法をとれば、
ぐっすりと眠れるようになるのでしょうか。

ぐっすり眠るための方法

副交感神経を刺激して、
体をリラックスさせる方法としては、
次のようなものが挙げられます。

・音楽を聴く
・お風呂に入る
・運動をする
・あったかい飲み物を飲む
・本を読む
・お笑いのTVやDVDを見る
・アロマセラピー
・電話で友達と話す
・ストレッチやマッサージをする

どの方法も緊張状態をほぐし、
自律神経を整えるのに役立ちます。

自分にとってどれが一番効果的なのかを、
試してみて自分流の睡眠術を身につけていきましょう。

 プレッシャーやストレスから解放されるには!?

会社で働いていると毎日がプレッシャーやストレスの連続の日々となります。

こうした中で、自分に合ったプレッシャーの対処方法を見つけ、
ストレスとうまく向き合っていくことは非常に大切です。

ただ、今の社会はストレス社会とも言われるように、
日本のどの企業も不況の影響でブラック企業になりつつあり、
限度を超えたプレッシャーを抱えてしまい、
健康を害してしまう人も非常に増えています。

特に、最近では新卒入社の3割が3年以内に
会社を辞めてしまう事からも分かるように
会社でのストレスが昔よりも増えてきているのは間違いないようです。

こうした状況の中では、今後も一生涯強いストレスを抱えながら、
人生をおくる必要があり、途中で心身的にダウンしてしまう人も増えてくるでしょう。

朝起きるのがつらい。。。
毎日会社を辞めたい。。。
会社での人間関係がつらい。。。

もし、こう思っていたら、
もしかしたら会社で働くということ自体が合わないのかもしれませんので、
別の方法を検討してみるのも一つの対処法です。

今現在、僕はそういった会社に依存せずに
生きていけるようになりたい人向けに、メルマガを配信しています。

詳しい話はこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ