就活で自分のやりたい仕事が分からない人へ



hate

就活をしている多くの学生が悩むことの一つが
自分のやりたい仕事が分からないということ。

色々な説明会を出ていても、自分が結局何をしたいのかが分からなく、
時間ばかりが過ぎていくだけで焦る毎日。

今回はやりたい仕事が見つからない時に
考えるべきことについてみていきましょう。

そもそもなぜ就職をするのか!?

内定を取るということに必死になりすぎると
どうしても視点が狭くなってしまいがちになり
一番大切なことを忘れがちになってしまいます。

『結局、何のために自分は就職するのか?』

この問いに自分なりの答えを持っていないと、
せっかく苦労して内定をとったにもかかわらず、
今度は仕事の辛さに悩むことになってしまいます。

特に今後の日本経済は衰退することが予測されるため、
会社が生き残るためにも、労働環境の厳しいブラック企業が
今まで以上に増えていくのが自然な流れになっていきます。
関連記事:ブラック企業が増える理由

新卒から3年で3割の学生が会社を辞めてしまうのも、
厳しい労働環境の中で『何のために働いているのか』ということを
深く悩んでいる人が多くなってしまっている結果なのです。

ですので、就職してから後悔する前に、
『自分は何のために働いくのか』ということを今一度考えておきましょう。

自分は何のために働くのか!?

『自分は何のために働くのか!?』

この質問に対してあなたは何と答えますか。

 

おそらく、ごく一部の稀な人を除いて、ほとんどの人は詰まる所、
生活していくお金を稼ぐために働くというのが本音だと思います。

例えばもし、一切働かずに毎月100万円が
一生貰えるとしたら、あなたは働くでしょうか!?

この質問に対して、『それでも働く』という人以外は結局のところ、
就職の第一目的が生活するためのお金を稼ぐという部分にあるということです。

なので、多くの人の場合、
出来れば働きたくないというのが実の所ということになります。

やりたくないものにやりたいという答えを出せるのか!?

就活をしていると、
自分のやりたいことは何なのかを
必死に探さないといけないと思ってしまいます。

そして、自分のやりたいことが見つからないと、
自分自身を否定したくなってしまいます。

ただ、この考えというのは実は結構おかしな話です。

この状態というのは、そもそも嫌いな物の中から、
無理して好きなものを探そうとしているわけですから。

人は社会的な生き物なので、
社会の常識に知らず知らずのうちに流されてしまいます。

大学3年生の夏から冬になると、友達が一斉に
就職活動を始めて自分も乗り遅れまいと
同じように色んな説明会を受け、ESを書き、面接を受け。。。

企業への就職が日本の学生にとって大前提になっていますが、
そもそもお金を稼ぐ方法というのは就職することが全てなわけではないです。

実際には、お金を稼ぐには就職以外にもいろんな選択肢があります。

ただ、なぜ学生には就職しか選択肢がないように思えるのか。

それは、今までの学校教育の中で企業に就職すること以外の
選択肢を教えてもらう機会が全くなかったからです。

そして、このお金を稼ぐという、生きる上で非常に大事な要素に対して
一つの選択肢しか持ち合わせていないのは実は非常に危険なことです。

一つの選択肢しか持っていないということは、
他の選択肢が取れないため、立場は非常に弱くなります。

だからこそ、自分のやりたくないことをも、
やらざるを得ない、そういった状況がたくさん起こります。

仕事をしたくないのに、やりたい仕事を無理にでも探さないといけないというのは
裏を返せば、就職以外に取れる選択肢が一つもないというわけです。

ですので、もしあなたが自分のしたい仕事が分からないのであれば、
今からでも就職以外の選択肢を取れる努力をしてください。

複数の選択肢をとれるようになることで、
今まで当然のごとく我慢しなければならないことも
選択しなくてもよくなってきます。

今現在、僕はそういった企業へ就職しなくても生きていくための
知識を得たいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ