就職が決まらないまま卒業を迎える大学生が増加!?不安に向き合うには!?



syuus

大学生にとって人生を大きく
左右することになるのが新卒での就職活動。

ただ、今年は就職が決まらないまま卒業を迎える大学生が
増えるのではないかと言われています。

就職活動が後ろ倒しに

2015年の就活で大きく変わるのが
就職活動スケジュールの大幅な後ろ倒し。

以前より、「就職活動の解禁が早いことで大学生が就職予備校化している」
という指摘があり、その指摘にこたえる形で経団連が就職活動のスケジュールを
大幅に後ろ倒しにする決定をしました。

この決定により、以前までは12月から採用情報や説明会等が
解禁されていましたが、今年度は3月からの解禁に変更され、
また面接の開始も以前の4月から8月に後ろ倒しとなります。

syuusyoku

以前は4月から出ていた内々定が8月以降になるということで、
実質の採用期間が4ヵ月も遅れることになるわけです。

選考活動開始直後に内定をもらえる学生であれば問題ないですが、
多くの学生は何十社、何百社とエントリーして、時間がかかりながらも
何とか卒業までに内定を勝ち取っていくもの。

今までの4月からの1年間でも、どうしても採用が決まらずに、
卒業や就職留年をしてしまう学生が近年増加してきているのが
問題になっている中で、これよりもさらに4ヵ月も短くなってしまえば、
就職が決まらないまま卒業を迎える学生が増える可能性はかなり高いです。

このことは当事者の学生も非常に懸念しており、
就職活動の後ろ倒しで不利になると考えている学生が、
有利になると考えている学生よりも圧倒的多数となっています。
syuuka

理由としては、
・選考が遅くなることで大企業に落ちた後に
他の企業を見に行くための時間が少なすぎる
・短い期間になることでプレッシャーや不安が以前よりも大きくなる
という声などが上がっています。

今までの4月から選考開始が行われる年代の学生でも、
就職活動の1年間はやることが多すぎて、あっという間に過ぎてしまった
と感じている人が多く、これからの8ヵ月しかない学生にとっては
より一瞬で過ぎてしまうと考えられます。

現在の日本の採用文化では新卒での就職活動は
今後の人生を大きく決めるものであり、この期間が
僅か数ヵ月になってしまうとは少し考え物ですね。

大学受験は1年以上も毎日何時間もかけて頑張ったのに、
就職活動は気を抜いてしまい気づいたら過ぎ去ってしまっていた。。。
ということがないように念入りに準備をしておくことが大切です。

就職活動は準備がほぼ9割と言っても過言ではないですので、
まずは就職が決まらない人の特徴を知って対策をしておきましょう。
関連記事:就職が決まらない人の特徴とは!?

就活は自分の人生に向き合うチャンス

就職活動をしていくと色々な不安が出てきます。

・内定がどこも取れなかったらどうしよう。。。
・入ったところがブラック企業だったら。。。

特に就活が進むにつれて、不採用通知が来るようになると
自分の人生が否定されているようで、どんどん気持ちが塞いでいき、
視点がどんどんと狭くなっていきます。

ただ、こうした不安の中でも、
次のことをしっかりと考えておく必要があります。

『結局、何のために自分は就職するのか?』

この問いに自分なりの答えを持っていないと、
せっかく苦労して内定をとったにもかかわらず、
今度は仕事の辛さに悩むことになってしまいます。

特に今後の日本経済は衰退することが予測されるため、
会社が生き残るためにも、労働環境の厳しいブラック企業が
今まで以上に増えていくのが自然な流れになっていきます。
関連記事:ブラック企業が増える理由

新卒から3年で3割の学生が会社を辞めてしまうのも、
厳しい労働環境の中で『何のために働いているのか』ということを
深く悩んでいる人が多くなってしまっている結果なのです。

少し前であれば、いい大学を卒業して、いい会社に就職したら
充実した生活を得られるというのが社会の常識でした。

ただ、これからの時代は昔とは違い、会社に全てを捧げたとしても
充実した生活が保障されないということを多くの若者が気づき始めています。

今現在、僕はそういった社会の先を見越して
行動したいと思っている人向けのメルマガを配信しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ