アドセンス広告を記事内に挿入できるWordPressプラグインAdSense Managerの使い方。



plug

アドセンスを記事内に挿入するときに毎回広告コードを
貼りつけるのは意外と面倒くさいものです。

今回は、この面倒な手間を省いてくれるプラグイン
AdSense Managerの使い方を説明します。

また、ボタン一つで簡単に挿入できるテクニックも
併せて知っておきましょう。

AdSense Managerの使い方

a.まずは、プラグインの新規追加から、
AdSense Managerを検索してインストールします。

b.プラグインを有効化すると、投稿の部分に、
Ad Unitsという項目が出てきますのでこちらを選択します。
adem1

c.広告コードを入力し、Importをクリックします。
※広告を中央に寄せたい場合は、<center> 広告コード</center>としてください。
adem2

d.次にDisplay OptionsにあるUse Defaultを全てYesにし、
Save Chagesをクリックします。
※AdSense Managerを使ってアドセンスが表示されない時は、
ここがYesに直していないことが原因である場合がほとんどです。
adem3

e.あとは、記事内で広告を入れたい位置に、
テキスト表示で[ad#〇〇]と入れればOKです。
例えば、名前が ad-1 の場合[ad#ad-1] となります。

ボタン一つで広告を挿入する

これによって、今まで広告コードを入れていたところを、
[ad#ad-1] というタグを書くことで多少の手間は省けますが、
[ad#ad-1] と毎回打つのも非常に面倒です。

どうせならボタン一つで広告コードを挿入できるようにしましょう。

プラグインAddQuicktagを利用する

AddQuicktagは設定したタグをボタン一つで挿入できるプラグインです。

AddQuicktagをインストールし、設定からAddQuicktagを選択します。
ラベル名を広告タグ、開始タグを先ほどの[ad#ad-1]、
右側のチェックをすべてつけて、変更を保存します。
addq1

すると、記事編集でこのように広告タグというのが追加されていますので、
広告を挿入する際にはこちらを押せば[ad#ad-1]が挿入できます。
addq2

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ