話題の稼げるSNS・tsuとは?tsu(スー)の使い方、登録方法、稼ぎ方をわかりやすく解説



tsu

Facebook、Twitterなど、我々の一般生活にすでに溶け込んでいるSNS。そのSNSの中でも今、アメリカでユーザー数が爆発的に伸びており、2015年には日本で確実に流行ると言われている新型SNS『tsu(スー)』が話題を呼んでいます。

ここでは、この新型SNS『tsu(スー)』がなぜ爆発的に伸びているのか、その魅力について一から説明していきたいと思います。

tsuとは?

tsuはmixiのような友達から招待をしてもらうことで参加できる招待制SNSです。投稿の仕方やフィードの読み方などはほとんどFacebookと同じですので、ユーザー感覚としてはFacebookとほとんど変わりません。

ただ、このtsuはユーザーが『稼ぐことができる』という点でFacebookと異なってきます。

tsuはユーザーに報酬が還元される次世代型のSNS

Facebookはページの右側の部分に広告が表示させることで収益を得ており、莫大な数のユーザー数を抱えていることで、その広告収入は年間1兆円にも上っています。そして、もちろんのことですがこの広告収益の全てがFacebookのものとになります。

SNSを運営している会社がそのサービスにより生じる利益を得るというのは当然のことと思ってしまいがちですが、ここの部分に革新的なアイデアを取り入れたのがtsuです。

tsuの場合はこの広告収入の大部分がtsu側ではなく、ユーザー側に還元されるモデルとなっています。

しかも、その割合は、ユーザー:tsuが9:1ということで、ほとんどが私たちユーザー側に入ってきます。

facebookが広告収入だけで年間1兆円入ってきていますので、もし仮にこのtsuがfacebook並に流行ったとしたら、その年間1兆円の収益がユーザーで山分けされることになるわけです。

なぜ、tsuがこのような戦略をとっているかというと、それはFacebookから何とかしてユーザーを奪うためです。

SNSは特性として一つのものが大きく流行ったら、移る理由がないと一党独裁になり新しいものが流行りづらいです。

このtsuはユーザーにその大部分の収益を還元することで『稼げる』という今までにないインセンティブをユーザーに与えることで移る理由を与え、本気でfacebookを食おうという策略なのです。

そして、今アメリカではこの戦略が大成功をおさめており、次は日本で同じ流行が起こるのではないかと言われています。

ちなみにtsuが賢いのはその報酬の還元の仕方が友達に紹介したくなる山分け方式にしているところです。

報酬は山分け方式

先ほど発生した報酬の9割がユーザーに還元されると言いましたが、その還元の仕方が特徴的で、一人のユーザーに全て入るのではなく、紹介者にもその収益が分配されるようになっています。

そのため、友達に紹介すればするほど、自分に収益が入るようになる仕組みになっているのです。

では、わかりやすく報酬の山分けについて具体的に見ていきましょう。

元々登録していたAさん、Aさんの紹介により入ったBさん、Bさんの紹介により入ったCさん、Cさんの紹介により入ったDさんがいたとします。

tsu1

tsuの報酬は次のように招待したユーザーの4人で次のように山分けされます。

tsuの報酬体系 1万円を山分けにする場合

tsu2

Dさんの投稿により1万円が発生したとします。

Tsu側が収益の10%である1000円を取得

Dさん(投稿者)は残り90%の内50%の4500円がもらえる

Cさん(投稿者の紹介者)は90%の内の33%の2970円がもらえる

Bさん(紹介者の紹介者)は90%の内の11.1%の999円がもらえる

Aさん(紹介者の紹介者の紹介者)は90%の内3.7%の333円がもらえる

このようにして、tsuでは広告収入の利益をユーザー間で山分けすることになります。
投稿自体はFacebookと同じでソーシャルを楽しみながらも、Facebookとは違ってお小遣い稼ぎにもなってくる。tsuはこういったお小遣い要素を組み込んだSNSとなっています。

しかも、自分がたくさんの人を紹介し、Aさんになっていれば、まわりのBさんやCさん、Dさんが頑張ってくれれば、自分は何もせずとも報酬がもらえてしまうということで紹介を促す仕組みも組み込んでいます。

紹介すればするほど、自分にもメリットになってくるということなので、この口コミ効果により、tsuは爆発的な勢いでユーザー数を増やしアメリカで大成功をおさめています。

tsuの登録方法

tsu3

Tsuはこちらから登録することが出来ます。登録フォームに名前、ユーザーネーム、メールアドレス、性別、誕生日、パスワードを記入し『Sign up & complete profile』をクリックします。

招待リンクを作成し、友達を招待する

tsuのメリットの一つとして、自分が投稿しなくても、自分の紹介者やその紹介者が投稿すれば、自分は何もしなくても権利収入が入ってくるところです。

紹介された友達も損をすることはなく、むしろ、友達もお小遣い稼ぎができるのでお互いにWin-Winな関係となります。友達を招待するには自分の紹介であることを示すための紹介リンクを作成します。

1.メイン画面から右上のSettingsをクリックします。
tsu4

2.Settingsの中にあるInvitationsをクリックします。
tsu5

3.招待コードがありますので、そのコードをコピーします。
tsu6

4.facebookやツイッターやメールなどでその招待コードを貼りつけて友達に登録してもらいます。

招待コードから登録してもらうことで、あなたが招待者(Aさん)となり、友達が投稿することであなたに収益が入るようになります。

tsuは一気に広まると予測される

tsuの山分け方式の報酬の仕組みにより、ユーザーは自然と周囲に紹介をするようになるため、その拡散速度は圧倒的なものと予測されます。また、テレビなどのメディアなどで紹介されて一般的に認知されるようになるとよりその拡散速度は加速されるようになります。

Facebookがアメリカで流行った時はほとんどの日本人がFacebookを知りませんでしたが、わずか1,2年で日本でも誰もが知っているサービスになりました。tsuはまさにその日本に流行る直前でまだほとんどの人が知らないけれども1,2年後には誰もが知っているサービスとなると予想しています。

まとめ

今回はアメリカで爆発的に人気となっている新SNS・tsu(スー)を紹介しました。mixiのような招待制のSNSで、使い方はほぼFacebookと同様だが、一番の大きな違いはtsuが稼ぐことができるSNSだということです。

自分が投稿したり、紹介者やその紹介者が投稿して出た収益をtsu側と山分けできるというSNSとなっており、口コミが勝手に起こる仕組みとなっているため、加速的にユーザーが増えていくと考えられます。

2014年現在はほとんどの人が知らないサービスですが、ネットの拡散力により1年後にはfacebookやtwitterなどのように誰もが知っているサービスとなっていると予想されます。

実はtsuは思ったよりも稼げない!?

当初、稼げるSNSとして話題になっていたtsuですが、
実際には思ったよりも稼げないということがすぐに分かります。

現在tsuを続けている方は、facebookに変わる
新しいSNSとしてtsuを楽しんでいる方がほとんどであり、
tsu自体で大きく稼ごうと本気で考えている方はほとんどいません。

なので、もしあなたがインターネットで収入を得たいと考えていて、
『tsuをやれば、稼げるかもしれない』と思っている場合は、
別の方法を実践していく方が賢明だと考えています。

今現在、僕はこういったインターネットで収入を得ることに興味がある方向けに
お金に関する知識を体系的に学べる無料のメルマガを期間限定で配信しています。

メルマガ内ではtsuよりも圧倒的に収入を得やすい手法も幾つかお教えしていますので、
是非、これらの情報は見逃さないでください。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ