自分のメディアを育てる



media

これからの時代は個人が
主役になってくると予想されます。

今までは会社というレベルでしかできなかったことが
個人レベルでできるようになってきています。

個人が情報発信できるという革命

情報発信は昔はラジオやテレビや新聞など
ほんの一部の組織にのみに与えられていた特権でした。

しかし、今ではどうでしょうか。
ツイッターやフェイスブックなどのSNS、ブログやyoutubeなどのサービスの普及で
今まで情報の受け手の身であった個人が情報の発信者になることが可能となりました。

これは革命的な変化であると言えます。

そのため、昔の起業と今のそれとでは
意味合いが大きく違ってくるようになりました。

一昔前のインターネットがない時代の起業と言えば
そんなに簡単なことではなかったと言われています。

上場するなんて夢のまた夢で
40年ぐらいやって、引退前のプレゼントみたいな形でやっと
上場できるというような程大変なものであったといいます。

しかし、今ではIT業界を筆頭に数年で上場してくる例が
スタンダードとなりつつあります。

そして、一人が与えることのできるインパクトも大きくなってきました。

例えば、最近のアプリでは一人で製作して、
普通の会社規模の売り上げを上げるような例もちらほらと出てきています。

今では超巨大企業となったfacebookも
最初はマークザッカーバーグが一人で作り上げたものでした。

彼一人という存在で何百人何千人という会社と同等かそれ以上の
インパクトを与えることができるようになったのです。

それほどまでに今の時代は個人が活躍できる時代なのです。
今までの会社単位でやっていたことが個人でもできるようになってきています。

つまり、これからの時代は今まで会社でやっていたことを
個人にも適応させていくことが必要になってくるのではないかと考えられます。

個人をブランディングする時代

会社の場合、自社のブランディング
というものは非常に大切な戦略に一つです。

ですので、これからの時代はいかに
個人をブランディングしていくかが大切になってきます

そして、そのブランディングをしてくという意味で
非常に大切になってくるのがメディアという存在です。
自分を宣伝する媒介となるメディアを持つことが必要となってくるのです。

マスメディアであれば新聞やテレビがメディアとなりますが、
個人のメディアはツイッターやfacebook、ブログ、youtubeなどとなります。

Facebookやツイッターも自分を宣伝するメディアともなりうるし
Youtubeのチャンネル機能はまさに個人をメディアにしている機能そのものです。

マスコミはその媒体が大きいほど影響力があるというように
個人のメディアもその大きさが大きいほど影響力を持つようになります。

単純な話、
ツイッターでフォロワーが10人の人と
芸能人のような10万人の人であれば
影響力が違いますよね。

そういった意味でこれからは
自分のメディアを持ち、さらにそれを育てていくことが
大切なのだと思います。

今僕がやっているネットビジネスは
特に個人をブランド化することが大切となってきます。
関連記事:ネットビジネスは最高のビジネスモデル

特にネットビジネスで特に大事なことは2点です。
1、自分の実力をつけること
2、メディアを育てること

どんなに実力があっても媒体を持っていなければ収益は上がりませんし、
媒体があっても実力がなければ収益は上がってきません。

今後の時代を生きていくうえで自分のメディアを作り育てていく意識が
非常に大切になってくるのは必然な流れとなってきます。
関連記事:お金に困らないようになるには!?

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ