会社を辞める理由ランキングから分かる嘘と本音。やはり人間関係での転職が多い?



uso

会社を辞める際にはその理由を上司に伝えることになりますが、
結婚や妊娠、家族や親の病気などやむを得ない理由で辞める場合は別として、
本人の意思で転職などをする場合、その伝えた理由が本音とは限りません。

ここでは、会社を辞める理由の
嘘と本音ランキングを見ていきたいと思います。

本音はやはり人間関係

リクナビNEXTが行った調査によると、
会社を辞める本当の理由はやはり人間関係である場合が多いです。

会社を辞める理由の本音ランキング

1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
2位 労働時間・環境が不満だった 14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
4位 給与が低かった 12%
5位 仕事内容が面白くなかった 9%
6位 社長がワンマンだった 7%
7位 社風が合わなかった 6%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位 キャリアアップしたかった 6%
10位 昇進・評価が不満だった 4%

会社を辞める理由の建前ランキング

1位 キャリアアップしたかった 38%
2位 仕事内容が面白くなかった 17%
3位 労働時間・環境が不満だった 11%
3位 会社の経営方針・経営状況が変化した 11%
5位 給与が低かった 7%
6位 雇用形態に満足できなかった 4%
6位 勤務地が遠かった 4%
6位 仕事に対する責任がなく物足りなかった 4%
9位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 2%
9位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 2%
引用:退職理由の本音ランキング

建前としてはポジティブに伝えたいということもあって、
良く使われるのがキャリアアップをしたかったからという理由。

ただ、会社を辞める場合の本音は
そのほとんどがネガティブな理由ですね。

第一位となっているのが
上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかったということ。

・無理難題な仕事量を押し付けてくる
・有給を取らせてくれる雰囲気ではない
・何かと理由とつけて叱ってくる
など、上司との折り合いが悪く、気持ちよく働けないことから
会社を辞める決断をする方が多いです。

また、周りの同僚・先輩・後輩との人間関係がうまくいかなくて、
会社に居づらくなってしまうことも会社を辞める上位の理由となっています。

人間関係以外として上位に入っている本音の理由としては、
労働時間や給与に不満があるということです。

・月の残業時間が200時間を超えてしまう、
・月に3日しか休んでいないのに手取りが20万を切る
・残業代が全く支給されない
など、ブラック企業が増えている昨今の状況を示しています。

そして、建前の第一位として挙がっていたキャリアアップをしたかったと
本当に思っている人は、実はかなりの少数派だということが分かります。

転職者はこのようにして建前と本音をうまく使い分けているようですね。
特に転職を決意した理由がキャリアアップというポジティブな理由にした方が、
相手の面接官への印象が良くなるということを分かっているからなのでしょう。

会社を辞める理由はポジティブに伝える

日本経済の衰退、終身雇用の崩壊が進む中で
今後、より一層会社を辞めるという行動が一般的なものとなっていきます。

転職するにしても、起業やフリーランスとして生きるにしても、
会社を辞める際にはたとえ本音がネガティブな理由であったとしても、
相手にはポジティブに伝えるようにしましょう。

今の会社とはどんなところでつながるかは分かりません。

円満に退社することは今後につながることもありますので、
間違っても「この会社に入ったのは間違いだった」と
言ってしまうことはないようにしましょう。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ