言うは易し、行うは難し



okonau

ネットビジネスをしていて、つくづく思うのですが、
本当にやること自体は単純なのですが、実際に
やってみると予想以上に難しいということです。

ネットビジネスというか
ビジネスでやることは単純です。

どんなビジネスでもやることは次のことです。
企画して、製作して、セールスをするという3ステップだけ。

ただ、セールスには段階があり
集客、教育、販売という3ステップがあります。

ですので、結局ビジネスは
企画、制作、集客、教育、販売という5ステップがあるだけです。
これはすべてのビジネスにおいて成り立ちます。

例えば、ゲームを作るのであれば、
まずは、どんなゲームの内容にするか考える(企画)
それを、プログラマーやデザイナーが作り上げる(製作)
できたゲームをセールスするのですが、
アプリであれば、メディアや広告を使って購入者をページに集める(集客)
そして、いかにこのゲームが面白いかを宣伝や説明文などで伝える(教育)
そして、決済ページに送り、販売する(販売)

他の例であれば、
例えばテレビショッピングでダイソンの掃除機を売るなどであれば
掃除機のコンセプトを考える(企画)
工場で掃除機を作る(製作)
テレビの視聴者を集める(集客)
機能やお手ごろさをナレーターが感情的につたえ購買意欲を高める(教育)
お電話してくださいといって販売にこぎつける(販売)

どのようなビジネスモデルであってもこの流れは変わることはないです。
口で説明するならば、本当に2,3分でビジネスを語ることは可能です。
関連記事:複雑なことをシンプルに考える

こんなに簡単で単純な風に聞こえるのだが、
実際にこれをやろうとすると色々なところでトラブルが生じます。

さっきのゲームの例であれば
ユーザーにささる面白い企画が考え付かない。
つけたい機能がつけられない。バグが起こってしまう。
宣伝してもなかなか客が集まらない。
客が集まっても買ってくれない。

簡単なところでもこれくらいはあげられるし、
実際にやってみると思ってもみないところで
もっとたくさんのトラブルが起こってしまう。

先日読んだ、DeNA創業者の南場さんの「不格好経営」という本では、
製作会社にプログラムを外注したが、実はその会社の内部抗争があって、
全くやっていないのに、順調に進んでいるというウソをつかれ、
サービスリリース予定ぎりぎりにコードが1行も書かれていないことが判明し
増資の契約が破たんしそうになったという失敗談が書かれていました。

また、最初のサイトは脆弱ですぐにサーバーがダウンするから
夜な夜な見張らないといけなかったりしていたり、
最初の数年はずっと赤字を垂れ流していたという話もありました。

南場さんはマッキンゼーというコンサルティング会社出身の経営者なのだが
コンサルティングで他人に経営をアドバイスするのと
自分で会社を経営することは全く持って違うと講演で話していました。

ベンチャー企業が3年で95%がなくなってしまうのもこういった思いもよらない
トラブルがいくつも起きることが原因であると考えられます。

言うは易し、行うは難しといいますが
ビジネスは本当にやってみると想像よりはなかなか
うまくいかないものであることが多いです。

ただ、こういったトラブルをしっかりと乗り越えることで、
着実に実力がついていきます。

特にネットビジネスは個人でやることがほとんどのために、
非常に実力が伸びるスピードが速いです。。
関連記事:個の力か、チームの力か

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ