本を読まない理由



dokusyo僕は基本的には本を読みません。

最近読んだ本はDeNA創業者の南場智子さんが
書いた「不格好経営」という本でしたが
これも貰いものであったので、自分で買った本と
いうのはここ1年間で1冊もないと思います。

本を漠然と読むのはネットサーフィンと変わらない

よく本を読みなさいと言われますが、
なぜ本を読むのかという理由を深く考えている人は少ないかと思います。

多くの人が本を読む理由はと聞かれると
教養がついて、いつかこの知識が使える日が
来るかもしれないと言うかと思います。

ただ、そう考えているうちは
その知識が使われる日はほぼ来ません。

多くの人は今までたくさん本を読んできたのに
その内容をほとんど覚えていないと思います。

何を読んだか覚えていないのだから、
その知識が使える可能性はほぼないですよね。

いつか使えるかもしれないと思って読むというのは
いつか使うかもしれないと物を捨てられない心理に似ているかと思います。

もしものためにと思って残していても
それが使われることはほとんどないですよね。

多くの人はインプットすることが目的化してしまっていますが、
こんな本を読んだから教養がついたと思ってしまうのは錯覚で
その知識を使ったときに初めて教養がついたと言えます。

インプットした情報をアウトプットすることがないなら
そのインプットに価値はほとんどありません。
知識はアウトプットしてこそ初めて価値を発揮します。

だから、僕はアウトプットする必要性が出てきたときに本を読みます。
その方が断然効率がいいからです。

ただ、濃度が濃いインプットの方がいいので必ずしも本とは限らないです。
本よりもネットで読む文章の方が多いかと思います。

ネットで何かを検索するとき知識がほしいなと思ったときに検索しますよね。
本を読むのも必要な知識がほしいから、読むというのが適切な思考の流れです。

ただ単に、漠然と教養がつきそうという理由で本を読むというのは
ネットサーフィンをしているのとほとんど変わらないです。

意味はあるかもしれないがほとんどの場合、
費用対効果が低く、時間の浪費に近いものともいえます。

また、アウトプットしたときに価値を発揮すると言いましたが
ただアウトプットすれば価値があるかというとそうではないです。

インプットは行動に変化が起きて初めて価値を発揮

例えば、ある本やネットの情報で
「日本はこれからやばい、このままでは30年後には年金が破たんする」
というインプットを得たとします。
関連記事:退職勧奨が大企業で増加中
関連記事:非正規雇用の増加から見る社会の変化

そして、この情報を
友達に話したり、ネットのブログに書いたりしてアウトプットしました。

しかし、このアウトプットに意味があるでしょうか!?

結局何も知らない時と状況はさして変わらないですよね。

もし、この情報を知った時に
「やばい、これからは貯蓄をより一層しよう。」
「会社以外にも収入源を持たないと」と決心し、
貯金を始めたり、副業に取り掛かる行動をしたらどうでしょうか。
関連記事:お金に困らないようになるには!?

何か変化が起きそうですよね。

インプットした情報は行動にしたときに大きく価値を発揮します。
他人に伝えるのも一つの行動だがそれでは小さいです。
その情報をもとに自分の行動にどう変化を起こせるかが大事なのです。

一つの情報をインプットしたときに
・インプットで終わるのか
・人に伝えるだけの小さなアウトプットで終わるのか
・自分の行動に大きな変化を起こせるのか、

自分の貴重な時間を使うのだから、
より大きな成果を目指すべきだということです。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ