自己成長を就活の志望動機にする意味。働くとは!?



jikoseityou就活の面接で志望動機を聞かれた際に
よく答えとして出てくるのが『自己成長』というキーワード。
『自己成長出来るから』という軸で会社を選ぶことがあるが
何となくで考えていると落とし穴に嵌まってしまうがあります。
今回はこの自己成長という言葉について、
少し考えてみたいと思います。

企業に求められる就活生とは!?

就活生として一番気になることは、どのようにしたら企業から
内定をもらうことができるのかということですので、
まずは、どういった就活生が企業に求めらえるのかを知っておきましょう。

よく、就活の面接は企業との相性が大事で、
面接官は『この学生はうちの会社に合いそうだな』という主観的な判断をしており、
就活は縁があるかどうかと言われてしまいがちですが、(そういった部分は多少ありますが)
今回は、自分でコントロールできる部分についての話をしていきたいと思います。

企業が面接で就活生を見ているポイントは非常にシンプルで、
『この学生は企業に利益をもたらす人間かどうか』だということです。

例えば、次の2種類の人間がいたとしましょう。
一方は、面接の対話において、
自分の将来やりたいことを明確に持ち、自分が他人とはここが違うという強みを理解し、
面接で話す内容を徹底的に準備し、自信を持ってプレゼンしている強気な学生。

もう一方は、
会社に拾ってもらいたい雰囲気が出ていて、他の学生とどこが違うのかも分からず、
面接も準備せずにその場限りの対応で、自信がないように見える弱気な学生。

どんな会社でも、どちらか一方を採用するのであれば、
会社の合う合わないに関係なく、間違いなく前者の学生を採用するでしょう。

ほとんどの人が無意識的に前者の方がほしいと判断しますが、
それにはしっかりとした根拠があり、
『前者の方が今後会社に貢献する(利益を上げる)可能性が高い』と判断しているからです。

『この学生はうちの会社に合いそうだな』というのも実は、
会社に合う方がよりパフォーマンスが高くなる=会社の利益になると判断しています。

なので、結局のところ面接でいかに内定をもらうかに関して就活生が意識すべきことは、
『いかに自分が今後会社に利益をもたらす可能性が高い』か
という雰囲気を伝えられるかどうかなのです。

就活の面接でより内定をもらいやすい人の特徴はこちらの記事で書いています。
関連記事:就職が決まらない人の特徴とは!?

自己成長を志望動機にしてもいいのか?

面接の場でよく聞かれるのが、
『自分は会社で自己成長がしたい』というフレーズです。

『会社入ってまで成長させてもらうつもりではダメ』という理由で
会社での自己成長を志望動機にするなと言われることがありますが、
あなたの成長こそが会社の成長につながるので、
『自分はこの会社で自己成長したい』という言葉は使っても特に問題ないです。

現状維持をしていきたいという学生と、今後も成長していきたいという学生の
2種類がいたら、現段階で同じ能力でしたら、後者が採用されます。

企業が見ているのは現在のあなたの実力ではなく、
今後、あなたが会社に利益をもたらすか可能性があるかどうかですので。

今の時代、会社に利益をもたらす人とはマニュアルに従順にしたがうのではなく、
自身で価値を生み出せる人間なので、現状維持型の学生よりは、
成長志向型の学生の方が企業にとってはより欲しい人材と言えます。

そういった意味では、『自己成長をしたい』は本心から思っているのであれば、
面接でアピールすべき事柄の一つであるといえます。

自己成長という言葉の罠

『自己成長したい』という言葉はそれ自体を否定できるものではなく、
面接でもウケがいいということを知ってか知らずか多くの就活生は使うようになります。

ただ、ここで気を付けてほしいのが、
自己成長した先にある目的を明確にしておかないと、
次第に自己成長自体が目的になってしまうということです。

自己成長と言うのはその先にある目的のための手段にすぎません。
何のための自己成長なのかをしっかりと考えていないと
その成長にかけた時間は単なる浪費と変わらなくなってしまいます。
関連記事:何のための自己成長か

自己成長という言葉の怖いところは、それ自体が否定できるものではなく、
しかも、成長することで悦を感じるし、ある程度の満足感も味わえてしまう所です。

例えばの話、プロ野球選手を目指しているのに、
サッカーの練習をしていても目標には永遠に届きません。

それでもサッカーがうまくなると悦を感じるし、満足感も味わえてしまうので、
いつしかサッカーの成長が本来の目的のようになってしまいます。

野球ではプロ野球選手になるという明確な一つの目的があるため、
自己成長と目的のズレが非常に分かりやすいですが、
社会人の場合、そもそもこの明確な目的を持っていないと、
自己成長と目的がズレているかどうかもわかりません。

確かに、社会人として明確な目的を見つけるのはなかなか大変な作業です。

ただ、そこをいつまでも明確にしないで曖昧にしたままで、
会社の中で働いて何となく自己成長をしていくと、悦と満足感により、
会社での自己成長が次第に目的化してしまうので気を付けておきましょう。

筆者自身の自己成長の目的とは

参考までに僕の自己成長する目的を記しておきます。

僕が自己成長している目的はシンプルで
『会社に依存しないで(個人)、経済的な基盤を確立することにより、
金銭的、時間的、精神的に自由な人生を送るという所にあります。』

個人として、経済的な基盤を確立するために
必要なことを3つのフェーズに分けていて、
フェーズ1 お金を作る (経営、労働)
フェーズ2 お金を守る (税金)
フェーズ3 お金を増やす (投資)

現在の自己成長としては
これら個人で生きるための知識を勉強することと、
後々のフェーズに移るため作業に時間を割いています。

最終的にはこれらの知識を体系化して、ネット上に配信することで、
社会に価値を生み出していくと構想しています。

僕はフェーズ1の一つとしてネットビジネスを選びましたが、
現在すでにその知識を体系化して無料メール講座で配信しています。

このメール講座内で公開しているサイトでは、
ネットビジネスの知識を体系化しており、受講生からは
『これほど、体系化されているサイトはない』と非常に好評です。

メール講座の詳しい話はこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ