YouTubeチャンネルに紹介動画を設定するデザインカスタマイズ



youtubelogo自分の情報発信手段として、最近人気に
なっているのがYouTubeチャンネルの作成です。
テレビのチャンネルのように、自分のチャンネルを
作成できるのが魅力となっています。
その際、チャンネルの顔となる紹介動画があると
目立ちますので、その設定の仕方を紹介します。

YouTubeチャンネルに紹介動画を設定する

では、こちらの動画をご覧ください。

YouTubeの動画を作成して、情報発信することで、
今まではブログの文字だけでは伝わりづらかったものが分かりやすくなったり、
動画と音声という文字以上のインパクトを与えられるという点から、
非常にマーケティングで利用される機会が増えてきました。

YouTubeでは、自分のチャンネルを作成することができ、
いわば、テレビ会社のチャンネルと同じものを
個人でも作成できるようになっています。

ただ、YouTubeの初期設定の場合、チャンネルにアップロードされた動画は
フィードのようになっており、非常に見づらくなっています。

このような状態だと、たとえチャンネルに来てくれたユーザーがいたとしても
なかなか興味を持ってチャンネル登録してくれず機会損失が大きいです。

そこで、自分のチャンネルの顔とも言うべき紹介動画を設定しておくと、
ユーザーに印象を残すことができますので是非設定しておきましょう。

動画で説明しているように、
上部にある検索窓の右にある矢印を押して、ダッシュボードに入ります。

ダッシュボードに通知という項目がない場合は、
右上にある「+」ボタンを押して、通知をダッシュボードに追加してください。

通知の中に一覧ビューの有効化というものがあるので
「有効にする」をクリックしてください。

すると、ホームボタンに「フィード」というのとは別に
「トップ」というのがボタンが現れるようになります。

「フィード」では今までと同じように、
アップロードした動画をフィードのように表示します。

一方で「トップ」では、紹介動画を設定することができますので、
ユーザーが自分のチャンネルに来た時に見せたい紹介動画を
設定するようにしましょう。

また、「トップ」にした際には、紹介動画の下の部分にある動画も
並び替えを自分で設定できるようになりますので、
項目ごとに設定するとユーザーにとって見やすいチャンネルになります。

ユーザーにとって非常に見やすい表示になることで、
チャンネル登録される可能性がグッと上がりますので、
チャンネルを作成した際は必ずこの設定にしておきましょう。
関連記事:動画作成フリーソフトのおすすめは!?

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ