WordPressのメニューの設定とプラグインを使ったアドセンス広告の貼り方 (有料ブログ編 第6回)



lesson

こんにちは、山下です。

ではまず、前回の復習からです。

トレンドアフィリ有料ブログ編 第5回の復習

前回は関連記事表示について説明しました。

「ユーザーが心地いい環境を作る」に関係して、
記事を読み終わった下に関連記事を表示させる。

これにより、ユーザーが記事を面白いと感じた時に
次の記事を読んでくれる可能性が高くなるので、
1人当たりの滞在時間とPV数が上がり、Googleに高く評価される。

ただ、最初の記事が面白いことが前提なので、
結局はユーザーが満足する質の高い記事を書くことが重要。

メニューの設定と広告の配置

今回はメニューの設定と広告の配置についてです。

メニューに関しては絶対にこの配置ではないと
いけないというものではないので、ある程度は自分の好みで問題ありません。

一番上というのはユーザーに最もみられる頻度が
多いので、ユーザーの興味を一番惹きそうなものにしていきましょう。

広告の配置ですが、記事の上下でもいいですが、
記事中にある方が広告のクリック率が上がります。
是非動画で説明したプラグインを活用してください。
(記事上にすると、スマホで誤クリックを誘発させるとして、
Googleアドセンスの規約違反になる例が報告されていますので、
記事上には入れないようにしましょう。)

今回入れたプラグインは
Master Post Advert
です。

一度設定しておけば、moreタグの部分に毎回自動で
広告を入れてくれますので非常に便利です。

広告は記事中の方が広告のクリック率が高くなりますので
是非このプラグインを入れてください。

動画で説明したコードはこちらになります。

<p style=”text-align: center;”>sponsored link
広告コード</p>

広告コードと書いてあるの部分にご自身のコードを貼り付けてください。
sponsored linkとある部分はカタカナでスポンサードリンクと
書き換えてもらって問題ありません。

では、今日の復習です。

今日の復習

「ユーザーが心地いい環境を作る」に関係して、
メニューの設定と広告の配置について説明しました。

決まりは特にないが、おススメのメニュー配置は
3カラムで一番右上に人気記事ランキング、左上に独自コンテンツ、
また、トップページの一番上は最新情報がいい。

広告は記事中とにあるとクリック率が高く、
moreタグの部分に広告を挿入できるプラグイン
Master Post Advert を入れておくといい。

以上が第6回の講義となります。
次回は、人気記事ランキングの作り方についてやっていきます。

Net Business Level Lessonの目次に戻る

有料ブログ編 第5回へ | 有料ブログ編 第7回へ

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ