トレンドアフィリエイトの記事の書き方 (有料ブログ編 第4回)



lesson

こんにちは、山下です。

ではまず、前回の復習からです。

トレンドアフィリ有料ブログ編 第3回の復習

クオリティーを高めて、
「このサイト凄い!!」と思われるサイトにしていくことが重要。

人がクオリティが高いと感じるのは次の2点
1、ユーザーが満足するコンテンツを提供する(質の高い記事)
2、ユーザーが心地い環境を作る(デザイン、写真、改行などの視覚的要素)

「2、ユーザーが心地い環境を作る」に関しては、
やり方さえ知れば問題ない。

まずは、テンプレートで見栄えに高級感をだし、
SEO対策も万全に整えるのが先決。

ネットビジネスでは有料のテンプレートが
100%必要になってきますので、早い段階で準備しましょう。

「1、ユーザーが満足するコンテンツ」に
100%の力を注ぐことに集中すればよい。

記事の書き方と見せ方

今回は記事の書き方と見せ方についてです。

稼いでいるトレンドブログは共通した同じ書き方をしていますので
しっかりと真似できるようになりましょう。

稼いでいるトレンドブログは基本的に次のような型を持っています。

タイトル、写真、出だし分、続きは読む という流れ、
記事の中ではサブタイトルを作り、それに関する記事を書く、
というのがほとんど共通しています。

また、有料ブログでトレンドアフィリをやる際は
1記事1200文字~2000文字を目安にしてください。

最低のラインを1200文字と考えて、
1200文字を越えたら区切りがいいところで終わらす
イメージでいてもらえたらいいと思います。

そして、あなたに一番時間をかけてほしいのは
ユーザーがどういった情報を求めているかという所です。

例えば、堺雅人さんの記事を書く際にタイトルが
「堺雅人の私服がダサい!?フライデーされて菅野美穂との離婚危機!?」
となっているから、それ以外のことは書かない方がいいということは特にありません。

ユーザーは堺雅人について知りたいと思っているので、
メインテーマが堺雅人の私服の話であったとしても、
堺雅人のプロフィールやそれ以外にも堺雅人に関する裏情報があれば、
ユーザーは潜在的に求めているので書いて問題ありません。

特に記事の文字数がなかなか書けないという人も、
400文字×3トピックと考えれば、そこまで難しくないと思います。

ここの3,4つのトピックの部分で何を書けばユーザーが満足するのか
テーマや中身についてしっかり時間をかけて考えてください。

ここが「ユーザーが満足するコンテンツを提供する」
の部分に当たります。

もし、ユーザーが記事を見て、このサイトは
すごい面白いと思ったら、違うページも見てくれるようになります。

他のサイトでは書かれていない深い内容や裏話などがあると
ユーザーは非常に喜びます。

ここをしっかり書くには
かなりのリサーチが必要になりますが、
そこの労力を惜しまずに愚直にいい記事を書いている
トレンドブログのみが長期的に稼げるようになるのです。

これが稼げる人と稼げない人の違いです。
サイトのクオリティーを高めて、
「このサイトは凄い!!」と思われるようなサイトを
作っていきましょう。

何度も言いますが、色々考えなくていいです。
「ユーザーが満足するコンテンツを提供する(質の高い記事)」という
ことだけを考えてください。
この部分に100%のエネルギーを注ぐようにしてください。

ただ、最初のうちはサイトが弱くて
インデックスが遅く、アクセスが来づらいです。

なので、キーワード選定で一つ重要なことなのですが、
有料ブログでは寿命の長い記事を書いてください。

今回であれば「堺雅人の私服がダサい」がメインですが、
おそらく1年後でも検索する人はいるかと思います。

これを「堺雅人と菅野美穂が結婚!」とかにしていると
結婚した時期しかアクセスが集まりません。

最初はアドセンスやアクセス数は気にせず
60記事程度を地道にまずはこなしてください。

ほとんどの人が30記事も書かずにアクセスが来ないと言って、
諦めてしまいますが、60記事まではアクセスが来ないという
心構えでいてください。

100記事を越えるようになると、
勝手にアクセスが伸びてくるようになりますので。

どの稼いでいるトレンドブログでも最低でも100記事以上はあり、
500記事を超えているものも、ザラにあります。

一応のゴールは200記事に設定しておきます。
200記事を書ければ稼げないということはないです。
ゴールまではかなり遠いですが一直線ですので頑張ってください。

では、今日の復習です。

今日の復習

今日は「2、ユーザーが心地いい環境を提供する」に関係して、
記事の書き方と見せ方を説明しました。

稼いでいるトレンドブログは
タイトル、写真、出だし分、続きは読む という流れ、
記事の中ではサブタイトルを作り、それに関する記事を書く、
という綺麗なレイアウトが共通してます。

また、有料ブログで稼ぐ目安としては、
文字数は全ての記事で最低1200文字以上。
60記事まではほとんどアクセスが来ず、
100記事を超えると目に見えるくらいに右肩上がりになる。

一応のゴールは200記事に設定。

以上が第4回の講義となります。

次回は
「ユーザーが心地いい環境を作る」の3つ目の話で
記事が終わった後に関連記事を表示する
やり方についてやっていきたいと思います。

これがあることによって、
もしユーザーが読んだ記事を気に入った時に
ほかの記事を見てくれる可能性がグンと上がります。

滞在時間を延ばすことで
Googleからの評価が上がりますので必ずやりましょう。

Net Business Level Lessonの目次に戻る

有料ブログ編 第3回へ | 有料ブログ編 第5回へ

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ