信頼関係を築くためには教育が必要2 (上級編 第7回)



lesson

こんにちは、山下です。

今日がネットビジネスレベルレッスンの上級編 第7回となります。

前回はDRMの中の“教育”について話しました。

教育の目的は
圧倒的に質を高めた満足度の高いものを提供したり、
相手に親身になることで強いファンを作ることにあるということです。

そして、相手から「あなただからこそ買いたい!!」と思ってもらえるようにすることです。
この話はリアルビジネスでも通じる本質的なことだともお話ししました。

今回は、ネットビジネスの教育で非常に役立つステップメールの話です。

ステップメールで教育の自動化

では、こちらの動画をご覧ください。

メルマガアフィリではもちろんメルマガを使って教育をしていくのですが、
その際、登録した読者ごとに日程通りにメルマガを配信することが可能です。
それがステップメールです。

なので、今日登録した読者でも、1か月後に登録した読者でも
同じような流れで教育を受けていくことが可能になります。

一度ステップメールを設定しておけば、配信は全自動で行ってくれますので、
「この読者は何日目だからこのメールを送る」というような手間がなくなります。

なので、ステップメールの仕組みを一度組んでしまえば、
勉強部分での“教育”を完全に自動化することが可能となります。

これによって、信頼部分を築いていく“教育”に時間を当てることが
可能となってきます。

メルマガを作成するにはメルマガスタンドに登録する必要があります。

初心者におススメしているのがエキスパートメールクラウドで、
僕自身もお世話になっているメルマガスタンドです。

月額が1970円かかってきますので、
ある程度、集客媒体を大きくして、ステップメールの構想を作ってから
メルマガスタンドに登録することをおススメします。

ステップメールを作る際に抑えるべきポイントはいくつかあります。
それは「投資意識」と「行動力」の重要性を理解してもらうことです。

ほとんどの人はこれらの意識が欠如しているからこそ、
ステップメール内である程度教育しないと
そもそも商品を買ってくれるようにはなりません。

商品を買ってくれないと、結局相手は成長しないですし、
自分もビジネスが回らなくなりますので、お互いが不幸に終わります。
なので、ある程度、これらの意識を向上させる必要はあります。

ただ、それらは些細な問題にしかすぎません。
ステップメールを作るうえで最も大事なのは
自分だけが提供できる価値や世界観を考えることです。

ステップメールでの教育はファンになってもらうためです。
そのステップメールで他の誰かがコピペしても変わらない内容だと
あなたである意味がなくなってしまいます。

自分だから提供できる価値や自分の持っている世界観を
メルマガを通じて読者に伝えるからこそファンになってくれるのです。

特に動画は「自分だからこそ」というものが伝わりやすいので、
メルマガの作成で利用すると効果が高いのでおススメです。

エキスパートメールクラウドの登録、
ステップメールの作り方はこちらをご確認ください。
http://yamashitamasahiro.com/archives/1955

では、今日の宿題です。

今日の宿題

今日は、ステップメールの原案をメモ帳やWordなどで作成してみましょう。
まずは7通で1セットとなるステップメールを作ってみましょう。

売り込みを考えずにファンになってもらうことだけを
意識して作ってみてください。

講座への返信も忘れないでくださいね。
返信はこちらからお願いします。)

Net Business Level Lessonの目次に戻る

上級編 第6回へ | 上級編 第8回へ

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ