ブログ記事の書き方の注意点 (初中級編 第8回)



lesson

こんにちは、山下です。

今日がネットビジネスレベルレッスンの初中級編 第8回となります。

まだ、審査に通った方もボチボチ出始める頃かと思いますが、
まだ通ってない人が大方だと思います。

ただ、審査に落ちたとしてもあまり気にしないでください。
最初の1ヵ月は3ヵ月目以降に比べるとあってないようなものですので。
(最初の1ヵ月の収益合計がわずか1日で稼げるようになっていますので。)

それより今はキーワード選定のコツをつかんで
いかにアクセスの呼べる記事をかけるようになるかが大切です。

それができるようになったころからでも
広告を貼り付けるのは遅くないです。

最近、失敗することがなくなった時こそ危険!?

では、まずはこちらの動画をご覧ください。

特に、これから注意していただきたいのはうまくいかなかったときに
落ち込んでしまいがちになることです。

審査に通らなかった・・・
サイトの登録が全然うまくいかない。
全然記事のアクセスが増えない・・・

こういったことが日常茶飯事に起こります。
毎回落ち込んでばかりいたら体がいくつあっても足りません。

というか、これからうまくいかないことや、
思わぬトラブルがたくさん起こります。

それはなぜだかわかりますか!?(少し考えてみてください。)

失敗やトラブルが起こる、
それはあなたが新しいことに挑戦しているからです。

新しいことって1回でうまくいくことなんてなかなかないですよね。

年齢が上がってくると、会社の中で普通に仕事をしたり、
普段の生活をしているだけではそうそう新しいことに出会いません。

普段やっていることをやっているだけなら
失敗やトラブルなんてほとんど起こらないですよね。

ですので、最近うまくいかないというのはむしろ健全なことなのです。
それが新しいことに挑戦している証拠なのだから。

最近うまくいかないことが続いて、自分はダメなんだと思わなくていいのです。
はっきり言ってそれは錯覚です。

新しいことに挑戦しているから必然として失敗やトラブルが生まれるのです。

ネットビジネスという新しいことに挑戦しなければ
審査に通らなかった・・・
サイトの登録が全然うまくいかない。
全然記事のアクセスが増えない・・・
というような失敗など起こりえません。

むしろ、失敗をすることがない以前の自分の方がダメで
今の方が頑張っていると褒めるべきなのです。

成功者はより多くの失敗を経験します。
なぜなら新しいことに挑戦し続けているからです。

うまくいかなくなったらむしろ、頑張っている証拠であると
認識するようにしましょう。

そして、その失敗を乗り越えた時にプレイヤーとしての力が上がっていきます。
錯覚にとらわれずに前を向いて進んでいきましょう。

それでは今回の話題に入ります。
今日のトピックは記事の注意点についてです。

記事の書き方と注意点

おそらく記事を書くことには慣れてきたと思います。
ただ結局、機械的にやってしまっている人が多いかと思います。

記事になりそうなニュースを探し、目についた事実を書く。
自分で書いていてつまらない記事になってしまっている。
今ドキッとした方は要注意です。

自分でも見て面白くもない記事をほかの人は面白いと思うでしょうか。
面白いわけがないですよね。

そういったサイトはGoogleも認識して上位になりづらくなってしまいます。
Googleはユーザーの役に立つようなサイトが上位になるように
アルゴリズムを組んでいます。

なぜなら、お客さんが来た時につまらないサイトが上位にいたら
グーグルの検索エンジンサービスに不満を持たれてしまいますので。

ということで、
Googleはユーザーに価値のあるサイトを上位にしようとします。

ユーザーにとって価値とは次の2種類です。
1、 機能的価値
2、 感情的価値

機能的価値があるサイトとは、
ユーザーが知りたいと思っている情報を与えてくれるサイトであり、
感情的価値があるサイトとは、
ユーザーが見て、面白かったり、感動したりと感情を揺さぶってくれるようなサイトです。

ユーザーが記事に求めているのはこの2つの価値です。

もし、ただありきたりでつまらない記事だけを書いていたら、
Googleはそのサイトがユーザーの求めているサイトではないと
判断し、今後上位表示しなくなります。

小手先のテクニックで上位表示させるのではなく、
ユーザーが求めている価値を提供することが上位表示への対策となります。

では、今日の復習です。

今日の復習

今日のトピックは記事の注意点
ユーザーに価値のある記事を書くことが大事

価値とは
1、機能的価値
2、感情的価値

ユーザーにとって有益で面白い記事を書くと
Googleに好かれるようになります。

以上が第8回の講義になります。

申請が終わるまでは、毎日メールフォルダはチェックしておきましょう。

では、返信もいつものようにお願いします。
返信はこちらからお願いします。)

Net Business Level Lessonの目次に戻る

初中級編 第7回へ | 初中級編 第9回へ

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ