ブラック企業一覧2013!?関東・関西の会社は!?



blackkigyou最近メディアでも大きく取り上げられるようになった
ブラック企業ですが、ブラック企業大賞なる企画まで
出来てしまう程、社会問題となっています。
弁護士や作家や大学教授などで構成された
ブラック大賞企画委員会がブラック企業の一覧と
その大賞を決めたということです。

ブラック企業大賞とは!?

経済発展の鈍化により、企業の業績は伸び悩んでいることで、
日本の多くの企業の労働環境が悪化しているという話です。

そういった労働環境が劣悪な会社のことを近年では
ブラック企業と称され、厚生労働省が対策に動き出すほど
社会的な問題となっています。

そのため、弁護士や作家や大学教授などで構成された
ブラック大賞企画委員会が組織され、毎年8月に
ブラック企業大賞を選定する企画を行っています。

ブラック企業の定義とは次のようになっています。

①労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業

②パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)。

参照URL: http://blackcorpaward.blogspot.jp/

基本的には、パワーハラスメントにより、違法な時間外の長期労働を
無理やり従業員に強いるような会社のことをブラック企業と呼んでいます。

ブラック企業大賞2013でノミネートされた会社は
以下の8つの会社となります。

ブラック企業大賞ノミネート企業

1.ワタミフードサービス株式会社
2.株式会社クロスカンパニー
3.株式会社ベネッセコーポレーション
4.株式会社サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)
5.株式会社 王将フードサービス(餃子の王将)
6.西濃運輸株式会社
7.株式会社東急ハンズ
8.国立大学法人東北大学

主な選考理由
1.ワタミフードサービス株式会社

月80時間の残業が厚生労働省の定める過労死ラインだが、
2008年に正社員の女性が、月141 時間の残業を強要され、
入社2か月目で精神疾患と過労により自殺をしてしまった。
ワタミの理念集には「365 日24 時間死ぬまで働け」と書いてある。

2.株式会社クロスカンパニー

Earth Music&Ecologyで知られるクロスカンパニーですが、
入社1年目の女性が同年9月に店長に昇進し、
月111時間の残業を強いられることになり過労死。

3.株式会社ベネッセコーポレーション

人財部付という部署があるが、ここに配属されると、
再教育という名のもとに雑用ばかりを押し当てられ、
退職以外に道がないように思わせるよう仕向けており、
実質の退職勧奨の部署であったことが違法にあたるとされている。

4.株式会社サン・チャレンジ(ステーキのくいしんぼ)

2010年に当時24歳の店長が、店の非常階段で自殺。
亡くなる前の8か月で少ない月で、月162時間の残業。
最高で227時間の残業が強いられていた。

5.株式会社 王将フードサービス(餃子の王将)

2013年に当時25歳の男性が過労によるうつにより
求職を余儀なくされてしまった。
残業時間は月平均で135時間であった。

6.西濃運輸株式会社

カンガルーの西濃としてしられる運送会社。
正社員の男性が、過労を理由に自殺をしてしまった。
残業時間の平均は98時間であった。

7.株式会社東急ハンズ

2004年に正社員が過労による心臓発作で亡くなった。
平均の残業時間は90時間を超え、亡くなる前には
「しんどい、もう限界」と話していたという。

8.国立大学法人東北大学

2007年に「新しい駒を探してください」と遺書を残し自殺。
生殖機能にある抗がん剤の実験を強要されたり、
時間外労働が100時間を超えており、指導教授からも
仕事が遅いとして精神的に追い詰められていた。

ノミネート理由も含めた動画はこちらになります。
ブラック大賞候補発表会見の動画

また、ワタミと並んでよく取り上げられるユニクロですが、
事件性が認められる例がないためノミネートされていないとのことです。

このノミネートの中から、委員会と一般ユーザーの投票により、
ワタミがブラック企業大賞となったということです。

ブラック企業から逃れるには!?

ブラック企業大賞でノミネートされている企業は
氷山の一角にしかすぎず、多くの日本の企業では多かれ少なかれ、
違法な労働条件を強いられることになっています。

実は日本の企業の7割近くがブラック企業だとも言われており、
この記事を読んでいるあなたもブラック企業の中で
悩み苦しんでいるのかもしれませんね。

しかし、ブラック企業がこれから減っていくかといえば、
むしろその数はさらに増えることが予想されます。
何故かといえば、これから日本の経済がもっと悪くなるためです。
関連記事:ブラック企業が増える理由とは!?

社会が悪い、政府が悪いと言っていても、状況はよくなりません。
むしろ、現状維持は難しく、何もしないとより生活は悪化するのが
自然な流れになってきます。

しかし、何もしない人は悪くなる一方で、良くなる人も出てきます。
一部では年収1億円と100万円に分かれる時代だとも言われています。
なぜ、このように二手に分かれてしまうのか!?

その秘密を知りたい人、そして自分も前者か後者のどちらになりたいか
と言われたら、前者になりたい方は僕のメルマガでその秘密を知ってください。

詳しくはこちらをご覧ください。

☆受講者5000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ