アスクリツイートの使い方と攻略法

askrツイッターにおいてフォロワーを増やすには
フォロー返しを待つのも有効ですが、
自身のツイートを拡散することも非常に有効です。
ツイートを拡散する際に使えるサービスとして、
アスクリツイートというのがありますので、
使い方とその攻略の仕方について説明します。

アスクリツイートとは!?

アスクリツイートとは、ユーザーが相互にリツイートをしあうような仕組みを
提供しているサービスとなっており、ユーザー間で大量のリツイートが
行われることで爆発的なRT数による拡散を狙えます。

普通のツイートですがアスクリツイートを使うだけで
リツイート数が100件を超えています。
askrt1

リツイートによる拡散効果により、フォロワーが増加していきます。
(フォロー返しではなく、拡散のみでのフォロー数の増加です。)
askrt2

このように、リツイートを誘発させることによって、
フォロー数の自然増を狙うことができるのがアスクリツイートの魅力です。

アスクリツイートの使い方

アスクリツイートのサイトにアクセスします。
⇒ http://re-tweet.net/index.php

1.右上のログインからツイッターアカウントでログインします。
askrt3

2.拡散したいツイート内容を1回ツイートしておきます。
askrt4

3.ツイートの右上にある時間の部分をクリックします。
askrt5

4.URLの最後の数字の部分をコピーします。
askrt6

5.コピーした数字をステータスIDを入れる部分にペーストし、登録します。
askrt7

6.他人のツイートを一度リツイートします。
askrt8

7.すると自分のツイートが他人にリツイートされるようになります。
(自分のアカウントからでは画面のような自分のツイートは表示されません。
別のツイッターアカウントにログインして見ると確認できます。)
askrt9

アスクリツイートの攻略法

アスクリツイートでは、他人のツイートをリツイートするとポイントがたまり、
逆にリツイートされるとポイントを消費していきます。
そして、そのポイント数は自分のフォロワーの数によって決まります。

このアカウントの場合、フォロワーが8326人いるので、
一度他人のツイートをリツイートすると、8326ptたまります。
(動画紹介は4倍のポイントが付きます。)
askrt5

つまり、フォロワー数が多い方が断然有利になります。
なので、フォロワー数を増やすことが一番大切です。

このアカウントの所持ポイントは400万pt程度ですが、
フォロワー数が少ないとこれほどポイントをためるのはかなりきついです。
(リツイートする回数はレベル1だと1時間で3回となります。
レベル10だと1時間で8回ほどだったと思います。)
askrt7

最低でも5000以上はフォロワーがいないときついです。
フォロワーを増やすのに手間をかけたくないならツールの使用をお勧めします。

僕が愛用しているのはフォローマティックです。
フォローマティックはインフォトップでも超優良商材と認定されており、
その数は今まで数千以上ある商材のうちたった5つしかありません。
そのうちの一つがフォローマティックということです。

アスクリツイートの攻略はまずフォローマティックで、
一気に2000人までフォローマティックモードで増やし、
その後も標準モードで使ってフォロワーを自動で増やし、
ポイントを大量にためるのが非常に効果的です。

Net Business Level Lessonの目次に戻る

☆受講者10,000人超☆ 東大生の無料メール講座 ~会社に依存しない方法~

レベル別ネットビジネス講座

  • 就職
    働き方改革で副業解禁は具体的にいつから?2018年改正のモデル就業規則と兼業容認の大企業事例集
  • ビジネスの考え方
    月収100万の手取りはどれくらい!?税金(所得税)の金額をわかりやすく算出
  • 就職
    裁量労働制とは?メリット・デメリットをわかりやすく簡単に解説
  • ビジネスの考え方
    社会人が勉強時間を確保する方法
  • 就職
    年収1000万円以上の割合が高い企業ランキングとは?職業別平均年収ランキング2018
  • ビジネスの考え方
    格安SIM、格安スマホとは何か!?au、ドコモiPhoneからの乗り換え方法やおすすめのスマホ端末を分かりやすく解説
  • 月収100万円
    JINさんが3ヵ月連続で自動化月収100万円を達成しました
  • 月収100万円
    なるひこさんがコンサル指導1ヵ月目で自動化月収100万円を達成しました!
  • 月収100万円
    ぐっきんさんが月収370万円を達成しました
おすすめの記事